太陽と月と星と地球とともに...
by fuwahiroshi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ご挨拶、はじめまして
アトリエ紹介
作品
素材
フィールドワーク
想々
メディア情報
家具
未分類
以前の記事
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
発酵させた漆喰・・・
 
 現在、仲間と
   
     発酵した漆喰が手軽に使えるように、開発している・・・

 もちろん、身近な国産の材料を使う。




さて、
一般に
左官材と言うのは、

 バインダー + 骨材 + 希釈液

で構成される。




ここで、バインダーが重要となってくる・・・




伝統的なバインダーとしては、つのまた(海藻のりを煮立てたもの)や火山灰(水硬性がでる)がある。

近代では、もっぱら、耐久性のない 化学樹脂 や 化学のり がつかわれているのが現状・・・
(珪藻土自体は骨材なので、化学樹脂がないと固まらないetc・・・)





今回、吾々は

  未来を感じる「バインダー」として、「酵素」と「たんぱく質」を用い、

     酵素 + 消石灰 + 砂 + スサ + 水
 
  で構成さする 発酵した漆喰材 を創った・・・


     酵素によって、粘着性がでて、下地への付着力が上がるのである。



a0131025_19555821.jpg

[PR]
by fuwahiroshi | 2010-03-10 19:08 | 素材
<< 続02:発酵させた漆喰・・・ 続01:築120年の古民家の解体工事 >>