非電化もみがらハウスのような家、これを応用・・・。

2009年に、非電化もみがらハウスという建物を、那須の「非電化工房」に建てた。
その時行ったワークショップでは延べ140名超の方々の参加をいただき、
関心の高さを実感し、たいへん大きな力をいただいたことをおぼえている。

小生のブログでも、何回か登場している。

http://fuwahirosi.exblog.jp/9125626/
http://fuwahirosi.exblog.jp/9199123/
http://fuwahirosi.exblog.jp/9199077/
http://fuwahirosi.exblog.jp/9199095/
http://fuwahirosi.exblog.jp/9221641/
http://fuwahirosi.exblog.jp/9297600/
http://fuwahirosi.exblog.jp/9297528/
http://fuwahirosi.exblog.jp/9297714/
http://fuwahirosi.exblog.jp/9298190/
http://fuwahirosi.exblog.jp/9304276/
http://fuwahirosi.exblog.jp/9421954/
http://fuwahirosi.exblog.jp/9635467/

非電化もみがらハウスというのは、当時、

テーマは
「床面積10平米以下」
「素人が造っても、頑丈な構造」
「ノンケミカル」
「ノンエレクトリカル」

ということで、建てた。

a0131025_2022766.jpg

a0131025_19574723.jpg



これを応用し、さらに「住まい方」に応用を加える事で、
さらに発展させていくというプロジェクトが昨年春から進行中。

築50年の木造住宅を、耐震工事し、「非電化改築」している。
http://fuwahirosi.exblog.jp/9941343/

このプロジェクトの途中に、大変な震災を迎え、さらに見が引きしまる思い。
お施主さんとも、色々な議論になり、とても有意義なお仕事・・・
誠に感謝の気持ちで一杯です。

ゴールデンウィーク明け辺りから、工事に入る・・・

ここで培う経験を活かして、街づくりのなかで少しでも力になれたら、嬉しく思う・・・

a0131025_201999.jpg

[PR]

by fuwahiroshi | 2011-04-10 20:14 | 想々  

<< 「食」で放射性物質を排出・・・ 平成23年、さくら >>