太陽と月と星と地球とともに...
by fuwahiroshi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ご挨拶、はじめまして
アトリエ紹介
作品
素材
フィールドワーク
想々
メディア情報
家具
未分類
以前の記事
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
インタビューの日
本日、来春出版予定の本のインタビューがあった・・・
物を創る若い人の「働き方」「生き方」に触れる本だという。


その中で、インタビュアーが言っていた。

 3.11以前、社会について語っていた建築家達が
 3.11以降、社会について語らなくなった と・・・
 それは、
 建築家達が、建築、そして都市を「外」からのみ語っていたからだと、説いていた・・・




なるほど、と思った。

 建築に限らず、ものは本来、人間の「内、中」から語られ、創られるもの。
 
    まだまだ、吾が身の「内」から、建築の心を想い、
                   息吹の在る建物にしたい・・・

    息は、呼吸は「普通」がいい。
        その「普通」を身の内より、導き出そう・・・

    
 そう、想った・・・





彼の 
豊富な知識、経験、
歴史の流れの中から、客観的に、
小生を捉えていただく、機会に巡り会い、魂に響くいい日だった・・・




インタビュアーは、小生と同じ「博志」という名前の方・・・

自らの名前「博志」のことを

 博徒の「博」
 に
 三国志の「志」と説明していた。



ちなみに小生は
父が大学で博士号を目指していたときに、米国サンフランシスコで授かったので

   「博士を志す」で「博志」となった模様・・・

      吾が母は、英訳で「broad mind」となるので、納得した模様・・・
[PR]
by fuwahiroshi | 2011-08-05 19:38 | メディア情報
<< なでしこから露草へ もみがら を もらう・・・ >>