太陽と月と星と地球とともに...
by fuwahiroshi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ご挨拶、はじめまして
アトリエ紹介
作品
素材
フィールドワーク
想々
メディア情報
家具
未分類
以前の記事
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
想々:自身の文化を築く一歩
小生が、大切にしている姿勢・・・


  その物が

      欲しいものなのか?
  
   それとも

      必要なものなのか?


欲しいだけなら、手にいれない・・・

必要ならその理由はなにか?
それが必要な理由を話し合うことを大切にしている。
自分に必要だと思えたら手に入れよう・・・
そして、手にしてみて、触れて、よく感じよう。
手にした物が、どのように古くなっていくか、よく見つめよう。
長く使ううちに、その物とどのように、心が通ってきているか、感じてみよう。

若いときから、
身のまわりの小さなものから、この様な姿勢で向かい合うことが
自身の文化を築く一歩になる・・・

きっと、将来、
家を築く時に欠かせない姿勢の一つになると想う・・・
ぜひ、それぞれ、自身の感性を大切に。
[PR]
by fuwahiroshi | 2011-08-12 22:58 | 想々
<< 想々:透明民族・・・ 「快適」と「健康」の違い >>