想々:屋敷・家屋とは・・・

いつの世も、生きていれば,
本来、無限のはずの「心」の上に「向上」「競争」「虚栄」などなど付けてしまいます。

向上心、競争心、虚栄心、・・・・・・

しかし、一旦、「心」に上に「向上」「競争」「虚栄」などなど付けてしまうと
それに捕われて、身動きが取れなくなります。
もしくは、身動きが取れなくなっている事にすら気づかなくなります。


その「心」の上に付けてしまっている色々なものをさらりを脱ぎさる場所・・・・
それが屋敷!それが家屋!
と想々・・・・
[PR]

by fuwahiroshi | 2013-07-04 19:56 | 想々  

<< 梅雨の汗・・・ 書籍掲載:別冊 住まいの設計「... >>