範主のお話

美剣体道範主のお話。

「私は、世界大戦で敗者の思いを教えられました。

 柔道で勝った人が跳び上がって手を振っている光景を見る度、
 私は日本民族として恥ずかしくなるのです。

 勝った一瞬、勝たせて貰った相手に頭を下げ,
 相手の健闘を称える礼節を忘れている最近の日本民族を私は悲しむ・・・」
[PR]

by fuwahiroshi | 2013-11-11 22:15 | 想々  

<< 深く静かな呼吸 想々:基本、木造建築は、粘るも... >>