太陽と月と星と地球とともに...
by fuwahiroshi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ご挨拶、はじめまして
アトリエ紹介
作品
素材
フィールドワーク
想々
メディア情報
家具
未分類
以前の記事
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
想々・・・:「日本を取り戻す」とは?
まず、日本についての考察。

大雑把なビッグピクチャーからはじめると、
日本は、明治維新前までの2000年以上(もしくはそれ以上)、
海に囲まれていて、
同じ島で、
同じ人が、
同じ言語(50音)で、
「自分の好みで自分が良いと思うこと」をやってきた。

  これが「日本文化」となった・・・

明治維新後、欧米は少々いかがわしい所もあるから、
騙されないようにする為に「欧米並み」に学力を付けよう、とのことで
帝国大学を設立した。

100年経って、ようやく欧米に対峙する方法は分かった。

ならば、また100年前にもどって、「日本文化」の続きを続けたいものだ・・・・


そんな空気が産まれたからだろうか、、、
昨今、文化面(特に衣食)で、日本回帰がみられる。
それは「心根」の「日本人回帰」
   「学問」の「日本学回帰」と言える。


「日本を取り戻す」と言う・・・

そう言ったとき

  「いつの日本を取り戻すのか?」
  「取り戻すとどうなるのか?」

という疑問は、頭に浮かばないし、議論もない・・・。

なぜなら
  実は、日本は500年遡っても縄文時代に遡っても、
  外国に恥じない素晴らしい「文化」があるためである。

  回帰する時代・形式は「人それぞれ」である。


日本の優位性はここにある・・・



この「有優位性」の認識を共ににすれば、
「議論と工夫と協力」は活発化する。

 大雑把にいうと、
  「日本を取り戻す」とは、そういうことか、と想々・・・。
[PR]
by fuwahiroshi | 2014-06-12 19:59 | 想々
<< 想々・・・:建主に与えられた、... 想々:ものの誉め方 >>