もうすぐ完成・・・



今年、当事務所で手掛けてきた日本家屋が、
ほぼ完成・・・。
中庭、坪庭の完成が待ち遠しいです。

一通りの完成を迎えるのは、
冬が訪れる前でしょうか・・・


我々のご先祖様達が
長年かけて、最適化を図ってきた
日本の伝統構法の家屋ほど
清々しい家屋はないと思います。



祭祀民族ならではの
国民が幸せになる生活の知恵もいっぱい詰まっています。



施主のみならず、当事務所も
漸く、この機に巡り会えたことを慶ぶ・・・



当たり前のことが当たり前になるよう、
努力して参りたいと思います。








a0131025_13371081.jpeg

東の庭から居間をみる
奥に西の坪庭が見える









a0131025_13384942.jpeg

                                   一本脚の掘りごたつ












a0131025_13342368.jpeg
階段
ガラス瓦でできたトップライトの光が
左官の壁を廻る









a0131025_21014380.jpg

トイレにある唯一の窓
陰影礼賛・・・
庭を臨む・・・












a0131025_21070695.jpg
「2畳+一尺の板の間」の和室。
ご主人が「素」に戻る間。
床柱は、末口50φの北山杉の磨き丸太。











a0131025_21055615.jpg

日本間の天井











a0131025_13384075.jpeg
床柱は、末口50φの北山杉の磨き丸太。
錆び竹との相性も良かった。















a0131025_21053602.jpg
玄関の飾り棚
杉板を加工












a0131025_12315883.jpg

東南からの外観














a0131025_12324112.jpg

北西からの外観













a0131025_21064895.jpg

これから作庭予定の西の坪庭












a0131025_21041193.jpg

玄関













a0131025_12345648.jpg

玄関の足元













a0131025_11181617.jpeg

ガラス瓦のトップライト。













a0131025_11184647.jpeg

一文字瓦、美しいです。






[PR]

by fuwahiroshi | 2014-11-03 21:28 | 作品  

<< 落成祭の本義について・・・ おむすびハウス:写真を新たにア... >>