想々・・・:初釜

本日、縁あって、初釜に参加させていただきました。
皆様、お茶をたしなむ方は、物腰もやわらかで所作も美しく、惚れ惚れいたしました。
毎度のことですが、自分の「がさつ」さに凹みます。

さて、一言で
「茶道は総合芸術」
あらためて認識させていただきました。

四季の中に息づく、庭と建築と人ともの・・・。
人を含む「全てへの関心と心根」が凝縮された空間と時間でありました。

「心根」といえば、
日本人は、物を誉めるときのみならず人を誉める時も「心根がいいね」といいますから
質素であろうが、煌びやかであろうが関係ないのです。
(以前、心根については、http://fuwahirosi.exblog.jp/19819511/で考察)

また余談になりますが、
「床柱と炉」の本義は、
「床柱をご神木に見立て、人が火を囲み。そこに神をお迎えする、という祭祀の一端」
と伺ったことがございます。
茶室に感じる「清々しさ」は、この概念を形式化したところにあるとも思いました。

本日は、誠に勉強になりました。
ありがとうございました。

[PR]

by fuwahiroshi | 2015-01-25 18:50 | フィールドワーク  

<< 想々:無用の者か、それとも・・・。 想々・・・:伝統木構造という仕事とは >>