管見(其の一):“新生”国立競技場について(概念編)

 





     「管見(其の一):概念編:レガシー(遺産)となるためには 」







         不破博志一級建築士事務所 東京都知事登録 第54998号
              一級建築士 不破博志 大臣登録 第331569号

 
 


                                

   『“新生”国立競技場:レガシー(遺産)となる競技場に相応しい概念』
 


国民は、特に若い人は、国際的な評価を意識した「表層の美しさだけ・奇抜さだけ・斬新さだけ」を競うコンペに興ざめしております。
どんなに素晴らしい競技場が出来たとしても、国がバラバラになってしまっては本末転倒であり、東北初め全国の被災地の新生に尽力されております方々にとっても「こころをよせやすいもの」であることが大切と考えます。
そもそも民間ではなく、国立の施設であります。

そこで、誠に僭越ではありますが、
“新”国立競技場 ならぬ “新生”国立競技場に向けた「概念」をご進言させていただきます。



● 提言
「レガシー(遺産)となる競技場に相応しい概念」


「高貴な概念を立てあえて質素にこしらえる美意識」のことを国語で「やつす」「やつし」と申します。おもてなしの精神がある茶道などにも通ずる我が国に脈打つ「美意識の真髄」です。 

そこでまず、“新生”国立競技場は、由緒ある神宮の外苑にちなんで、日本と世界の人々の鍛錬および精進を「奉納する競技場」とするという概念を立てるのが良いと考えます。
  
「奉納の精神」に焦点を当てることは、アスリートの価値を高めるだけでなく、日本と世界の子供たちにとって教育的意義もあり、スポーツの祭典・聖地にふさわしいと考えます。そもそもオリンピックの起源も「奉納の場」であったと云われております。

この「概念」は「心」をよせやすいため、建築にした場合「体」もよせやすいものとなり、アスリートおよび国民に大切にされる施設として息づくと考えます。

上記は、新国立競技場が五輪のレガシー(遺産)となるために備えるべき基本概念と考えます。 
                




※ 建築家として「建てるならばこう考える」と提案する立場であります。ご指導ご鞭撻ご批判お叱りをいただきたく存じます。









                                  
[PR]

by fuwahiroshi | 2015-07-21 00:06 | 作品  

<< 「管見(其の二):“新生”国立... 奉納即至誠 >>