冷めないものを ただ 残したく 手をつかう・・・


手にはできて  機械にはできないこととはなんでしょうか?

それは 冷めないものをつくることです。

      冷めないものを ただ 残したく 手をつかう・・・


古材はクセがあり 扱いにくく 職人泣かせです。

風雨太陽に晒され続け、枯れていった古材というのは、もともとその木がもつ特徴というものが表に現れてくるからです。

それは ねじれ、反り、むくり、ささくれ、割れ、節あな・・・など、さまざまな特徴があります。

人と同じで、 それぞれの「くせ 特徴」の乗り越え方が「個性」となって現れます。

素材も「くせ 特徴」をやさしく感じるほうへ あたたかく感じるほうへ  気持ちよく感じるほうへ 手を加えていくことを心掛けました。

毎回 各職人には、多大なるご理解とご高配を賜りまして、誠に感謝しております。
ありがとうございます。


a0131025_10523837.jpg


a0131025_1123619.jpg


a0131025_10533387.jpg


a0131025_10531714.jpg


a0131025_10554226.jpg


a0131025_10541118.jpg


a0131025_1153695.jpg


a0131025_10544714.jpg


a0131025_1055464.jpg


a0131025_1172529.jpg


a0131025_10565259.jpg


a0131025_1057820.jpg


a0131025_1056131.jpg


a0131025_114694.jpg


a0131025_1133539.jpg


a0131025_1132189.jpg

[PR]

by fuwahiroshi | 2016-02-27 11:08 | 作品  

<< 草花の輝きを消さない 枯れ和室・・・・ そして ... >>