どこまでも走らせてくれる「素材」と「仕上げ」探し

大切なこと

それは、施主と一緒に組立てていった「概念(コンセプト)」をどこまでも走らせてくれる「素材」そして「仕上げ」と出逢うことです。

納得する素材や仕上げに出逢うために 奔走する時間のほうが 机に向かって図面を描いている時間よりも長くて良いのだと思います。

施主は もの をのぞみます。 図面をのぞんでいる訳ではないのです。
我々は もの をつくるひと。

当たり前のこと。 
でも 今 忘れかけられている 大切な事と想々・・・。


a0131025_13462938.jpg


a0131025_12191331.jpg



a0131025_12193151.jpg



a0131025_12194342.jpg



a0131025_12215453.jpg



a0131025_12214293.jpg



a0131025_12212640.jpg



a0131025_12231042.jpg



a0131025_12235062.jpg



a0131025_12242053.jpg

[PR]

by fuwahiroshi | 2016-02-27 12:25 | 想々  

<< 新国立競技場に聖火台がないこと... 草花の輝きを消さない >>