左官:時事刻々といざなう・・・

a0131025_2553741.jpg



刻々と移り変わる季節・気候・太陽と月明かり・・・。
刻々と移り変わる光と湿気・・・。

それらを目から感じとるのに、庭はもちろんですが、左官もいい・・・。



左官は「光の表現」です。
光の内包する「やわらかさ・あたたかさ・さわやかさなど」を表現します。



左官は「色気の表現」です。
湿度感、触感、空気感・・・
その質感は五感で一番敏感な「肌感覚」に直接訴えかけてきます。




季節ごと・天候ごと・太陽と月の運行で、その光と色気と湿気が「時事刻々」と変化します。
刹那的であるがゆえに、左官は「美意識の世界へといざなう」。
理屈を超えた世界であります。
なにもしなければ、ただただ減っていく時間の中、この世界を堪能するのとしないのでは雲泥の差があります。


今、施工中の現場と最近竣工した現場の左官写真です。




a0131025_255255.jpg





a0131025_12354766.jpg





a0131025_2552264.jpg




a0131025_12415878.png




a0131025_1245733.jpg




a0131025_12452362.jpg




a0131025_12585425.jpg




a0131025_1301288.jpg




a0131025_1311220.jpg




a0131025_1325246.png

[PR]

by fuwahiroshi | 2016-03-25 02:59 | 作品  

<< お盆、お彼岸について 節司(せっし)という職 >>