太陽と月と星と地球とともに...
by fuwahiroshi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ご挨拶、はじめまして
アトリエ紹介
作品
素材
フィールドワーク
想々
メディア情報
家具
未分類
以前の記事
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「左官という世界」
今日、左官職人の 大森基伊くん が、うちのアトリエを訪ねてくれて 左官座談 をした。

 左官 を 「どのようにわかりやすく伝えられるか」 がテーマだった。

人類で最初に、土やら砂やらを手で触ってこねて 物を創った人間 は、
面白くてかんたんで楽しかっただろう。

もともと、左官とは、そこからスタートして、深く深く入っていける世界。
そういう世界なのだから、触ってみると、はじめてわかる。
写真でもなく、言葉でもなく、 実物 を触ってもらって、はじめて伝えられる。


もちろん、「感覚」と言うものを、刻んで刻んで、言葉で表現するのも、吾々ものつくりの仕事の一つではあるが、「理屈」は部分を捉えるのが精一杯で、全体を捉えるのはやはり「感覚」である・・・。


素朴だがそんなことを改めて確認できた好い日だった。



a0131025_18268.jpg

[PR]
by fuwahiroshi | 2009-06-23 18:22 | 素材
<< 自転車のアトリエ 小林邸-テレビ放映 >>