「自然」という言葉の「括り方」について 〜想々〜


良く耳にする言葉の一つ=「自然」。


きっとその「自然」という言葉、それは、生きとし生ける
・・・太陽・月・星・海・山・川・野・草・木・鳥・獣・這う虫・雨・風・雪・・・・
等々をすべて含むのだろう。


「自然」という言葉の「括り方」 が、「日本の文学」に出て来たのは、ごく最近のこと・・・。
平安時代には、「自然な仕草」などの使い方しかなく、月や花や鳥を指して、「自然」とは言わなかったようだ・・・。



a0131025_132453.jpg

[PR]

by fuwahiroshi | 2009-09-07 20:55 | 想々  

<< 〜動きのある境界線が結ぶ〜 家具-#01:ダイニングテーブル >>