太陽と月と星と地球とともに...
by fuwahiroshi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ご挨拶、はじめまして
アトリエ紹介
作品
素材
フィールドワーク
想々
メディア情報
家具
未分類
以前の記事
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
総括#01:「もみがらハウス」
『「時間」と「仲間」と「体力」があれば、素人でも「健康で頑丈な家」が造れる』
ということ・・・


さて、
これは、何を意味するのか・・・


今日は、ようやく、そのお話をさせてもらう。


日本は、今や、アメリカを抜いて、個人レベルでは、最も借金の多い国・・・
その最たるものが「住宅ローン」。
そして今、世界経済が大きな変化を迎えている時代・・・
つまり、あらゆるところで仕事の仕方を変えなければならない状況が、せまっている。
そんな中、「住」宅ローンを組めば、仕事に拘束され、その拘束から「職」を変えられず、そのストレスからますます、「医」療に頼る・・・

これが現代の「医・職・住」問題。


その問題を解決していける可能性を見出さなければ、どうなるか・・・
それは想像に違わぬこととなるであろう・・・


今回の「非電化もみがらハウス・プロジェクト」は、その解決策のひとつの選択肢として、
『「時間と仲間と体力」があれば、「素人」でも「健康で素敵の極みの家」を持てる』
ということを示すことも、目標としていた。

誠に多くの方々の参加をいただき、「自分で家を建ててみたいです」という方が沢山いて、大変嬉しく思いました。



a0131025_14194685.jpg
a0131025_14284995.jpg
a0131025_1429074.jpg
a0131025_14291229.jpg

[PR]
by fuwahiroshi | 2009-11-23 20:58 | 想々
<< 総括#03:「もみがらハウス」 11/22:もみがらハウス:ワ... >>