「新月伐採」・・・

今度、仕事で使わせていただく事となった、「新月伐採」された木を、はじめて製材してみることとなった・・・

1年のうち1日だけ、木を切るとなぜか、腐らないという・・・。
その日が、ある月の新月の夜・・・。

2年以上、雨ざらしで、土に埋もれていた木が、全く、腐らず、虫もつかず、割れもなかった・・・。

月 と 樹々 と 人間 の「神秘」としか言いようが無かった・・・。

製材所の方も、不思議そうに首を傾げていたのが印象的だった。
「あの樹、絶対、ダメになっていると思ってた・・・」と。

a0131025_121713.jpg
a0131025_12359.jpg

[PR]

by fuwahiroshi | 2009-11-27 20:52 | フィールドワーク  

<< 神社の設計・・・:想々#01 想々:「文明」という生き物・・・ >>