太陽と月と星と地球とともに...
by fuwahiroshi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ご挨拶、はじめまして
アトリエ紹介
作品
素材
フィールドワーク
想々
メディア情報
家具
未分類
以前の記事
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:メディア情報( 14 )
書籍掲載:別冊 住まいの設計「MYHOME 100選」
a0131025_1733348.jpg

判型A4変判
定価2400円(税込)
発売日2013/02/25




御陰様で、当事務所が
別冊 住まいの設計「MYHOME 100選」に掲載されました。


掲載されたライターの評論の最後に、
「伝統と革新を併せ持つ、古くて新しい建築家」
と、お言葉を頂戴して居りますが、

住まう人だけでなく、造り手のこと、そして、家屋の最期も考えると
健康な素材を使いたい、土に還る素材を使いたい、となります。
ごく自然な事です。

また
常に
『出逢った建主さんとの会話から、自然に生まれてくる「たてもの」』
になっていきましたし、これからもそうでしょう。
ですので、
毎回毎回、形が変わってきますし、表現方法が変わってきます。

建主さんの要望が、何も無いなら無いで、それで一向に構いません。
こちらでは、流行り廃りに関係ない、
家屋建立に当たっての「大切な事」を、
相手の力になるように、お伝えさせていただきながら進めていきたいものです・・・


さて、
現在進めている仕事は、「伝統木構法」つまり、「真壁の木組み」の家です。
建て主との会話から方向が出されました。
「真壁の木組みの家」は、
家屋建立に当たっての「大切な事」が、随所にあらわれる家屋となるでしょう。

また、
其の様になりますように、とお祈り申し上げます・・・
[PR]
by fuwahiroshi | 2013-02-28 17:36 | メディア情報
omusubi-house :講談社Graziaサイトで紹介されています
先日、建て主さんのご縁で[omusubi-house]への取材があり、
その掲載がはじまりましたので、抜粋致します。

  講談社Graziaのサイト内のコンテンツ
  「子どものいるリビングルーム」です。


http://grazia.woman.excite.co.jp/goods/rid_E1356065078078/pid_1.html




title:
『家族みんなに優しい天然素材が、日々のくつろぎを連れてくる』


a0131025_16414630.jpg

取材日には引っ越してまだ1週間しか経っていなかった、新築ホヤホヤの大貫さんのお宅。白土の壁や天井、ナラの床や桐の建具など天然素材をふんだんに使用したリビングは、たとえば「裸足で歩いた時にも気持ちいい」など、何より家族がリラックスして過ごせるようにと考えた結果だそう。また、設計を依頼するにあたり、もうひとつポイントとなったのが“子ども部屋をつくるか否か”ということ。長女が子ども部屋を使う年数を考えたら、わざわざ個室を増やすよりも、家族のくつろぎの場となるリビングを広くすることを選んだという。「女の子なので、いつまでも家に居られても困りますし(笑)。ダイニング空間の反対側には仕事場兼書斎スペースとして広いデスクをしつらえてもらったので、どうしても必要であればこの空間を仕切ればいいかなと」。 現在、長女は1歳10ヶ月。大貫さんは「引っ越すタイミングもちょうどよかったかも」と話す。「今はもう“いじってはいけないもの”は注意すればわかります。キッチンとの境に作った食器棚やテレビの下のラックなど“見せる収納”も、今だからこそ問題なくできたのかも知れません。それこそ、以前の家では100均で買った柵でテレビを囲っていたことも。話してもわからない赤ちゃんの時期はほんの数年だから、その時だけは妥協して、安価な臨時グッズで済ませるのも一案だと思いますね」。
(2012/12/26)





a0131025_16421382.jpg

作りつけの本棚とデスクは、大貫さんの仕事場であると同時に家族みんなの書斎スペース。本棚の下段に置かれたBOXには、長女の絵本やオモチャも収納されている。「BOXは車輪付きなので出し入れ便利。娘は遊びたい場所まで自分で運んで行きます」。




a0131025_164398.jpg

基本的に収納はすべて作りつけ。キッチンとの境壁に取り付けられたオープンラックには、作家もののうつわと一緒に頻繁に使う小皿なども。「もう少ししたら、取り皿くらいは娘に出してもらえそう。楽しく積極的にお手伝いしてもらおうと思います」。




a0131025_1642304.jpg

背の低いソファは空間を広く見せるだけでなく、長女が安全に上り降りしやすいのもメリット。手前のトートバッグにはおむつなどのお世話用品を。「夜、寝室に戻る時やお風呂の後など、別の部屋で必要になった時にもサッと持って行けるので便利」。





a0131025_16424915.jpg

ベランダに続くサッシは、とびきりの開放感とアウトドアとの一体感を味わえるフルオープンタイプ。「ベランダの柵も、子どもが落ちない程度に開放感のあるものにしてもらいました。窓から緑が眺められるよう、庭には背の高い樹を植える予定」。


Photographs:Natsuko Seki Text:Haruko Murakami

抜粋以上。
[PR]
by fuwahiroshi | 2012-12-27 16:45 | メディア情報
omusubi-house :講談社Graziaサイトで紹介されます

a0131025_19932100.jpg

a0131025_1911089.jpg
a0131025_19102341.jpg


先日、建て主さんのご縁で[omusubi-house]への取材があり、
その掲載が以下に決定しました。

  講談社Graziaのサイト内のコンテンツ
  「子どものいるリビングルーム」です。

月1回の更新で次回更新 12月26日(水)0:00に
サイトにアップされます。

       http://grazia.woman.excite.co.jp/

26日当日のみトップページにメイン写真が載り、
それ以降もサイトから見ることができるようです。



    
[PR]
by fuwahiroshi | 2012-12-21 19:14 | メディア情報
雑誌掲載:「素住-susu- 2012年 no.15」

a0131025_11553059.jpg


「素住-SUSU- 2012 no.15」
の素材ページに、当事務所で用いる左官材が掲載されました。


左官壁は、
  時間帯、季節によって
        表情を変え、
          暮らしを彩り
            暮らしを包む・・・

人肌に合う飽きのこない存在ですね。

粉ものですので、
配合は無限で、奥の深い世界がそこにはあるからでしょう。

たのしいものです。

一歩、ふみこんでみませんか?
[PR]
by fuwahiroshi | 2012-10-22 11:55 | メディア情報
インタビューの日
本日、来春出版予定の本のインタビューがあった・・・
物を創る若い人の「働き方」「生き方」に触れる本だという。


その中で、インタビュアーが言っていた。

 3.11以前、社会について語っていた建築家達が
 3.11以降、社会について語らなくなった と・・・
 それは、
 建築家達が、建築、そして都市を「外」からのみ語っていたからだと、説いていた・・・




なるほど、と思った。

 建築に限らず、ものは本来、人間の「内、中」から語られ、創られるもの。
 
    まだまだ、吾が身の「内」から、建築の心を想い、
                   息吹の在る建物にしたい・・・

    息は、呼吸は「普通」がいい。
        その「普通」を身の内より、導き出そう・・・

    
 そう、想った・・・





彼の 
豊富な知識、経験、
歴史の流れの中から、客観的に、
小生を捉えていただく、機会に巡り会い、魂に響くいい日だった・・・




インタビュアーは、小生と同じ「博志」という名前の方・・・

自らの名前「博志」のことを

 博徒の「博」
 に
 三国志の「志」と説明していた。



ちなみに小生は
父が大学で博士号を目指していたときに、米国サンフランシスコで授かったので

   「博士を志す」で「博志」となった模様・・・

      吾が母は、英訳で「broad mind」となるので、納得した模様・・・
[PR]
by fuwahiroshi | 2011-08-05 19:38 | メディア情報
渡辺篤史の建もの探訪:取材
a0131025_19523068.jpg

本日は、渡辺篤史の建もの探訪の取材。

この番組の撮影は、打合せなしのぶっつけ本番。
玄関先で、お互い交わす「はじめまして!」の挨拶は、
お互い本当の「はじめまして」です・・・

渡辺篤史さんは、初めて見る建物に入っていきながら、語っていく・・・

「褒め言葉のファンタジスタ」という異名の通り、
ワインのテイストを語るかの様な口調で放たれる言葉の数々は、
 鋭い感性 と 知識 と 経験 に裏付けられていると感じられた・・・

こちらは、くすぐったくて、ほとんど、
「ああ、そうですか、ありがとうございます」しか言えない・・・

撮影後は、お互いが経験したアフリカへの旅の話に花を咲かせていただき、
とても気さくな方という印象でした・・・


7月29日(金)朝4:30〜 テレビ朝日で放映予定。
(BS朝日は、8月27日(土)17:30〜、全国の放送局でもそれぞれの日程で放映)

a0131025_19532349.jpg


a0131025_19534149.jpg

[PR]
by fuwahiroshi | 2011-06-03 19:49 | メディア情報
SuperflyのPV
小林さんの次男さんが映像スタッフにいたのが幸いして、
6月15日発売の
Superfly の 3rdアルバム『Mind Travel』の初回特典DVDに
「地を這う小林邸」が出てます。

『Morris』という曲のPVです。
建築と入れ子になったウッドデッキの上で、
夕日の中、火を囲んでのアコースティックセッションがみられます。
いい曲でした・・・

Superfly、好きな人はぜひ見てみて下さい。
a0131025_17411626.gif

http://superfly-web.com/news/2011/04/3rdmind-travel.php

a0131025_17364784.jpg

[PR]
by fuwahiroshi | 2011-05-30 17:35 | メディア情報
テレビ撮影:毎日放送「住人十色」
a0131025_19473479.jpg


関西方面だけの放映になりますが、

毎日放送「住人十色」という番組に30分近く出演します。

7月2日、放映の予定です。

良く細かく撮ってくれていました。

いい記念になりました・・・


a0131025_19471845.jpg

a0131025_19465933.jpg

a0131025_19464491.jpg

a0131025_19455944.jpg

a0131025_19461234.jpg

a0131025_19535775.jpg

a0131025_16172329.jpg

[PR]
by fuwahiroshi | 2011-05-23 22:47 | メディア情報
書籍掲載  〜飛庭(とびにわ)〜
2010年12月11日発売の
書籍『HOME portrait vol.3』(扶桑社)に掲載・・・

掲載は
 「住宅名人10人による 家づくり十番勝負」のコーナーの P.50~P.53・・・



「動く自然」と「動かない自然」を結ぶための

             小生の設計手法の一つ、
     
                『飛庭(とびにわ)』の紹介がされています。

 ありがたいことです。
 
  (小生自身は、ozone家づくりサポートに所属している訳ではありません)


a0131025_142331.jpg

[PR]
by fuwahiroshi | 2010-12-13 13:46 | メディア情報
雑誌掲載
雑誌掲載・・・

「緑と青でつくった、わが家のリラックスポイント」のコーナーに、掲載されました。

ありがたいことです。

 ライターさんによって、様々な視点があるので、たのしいものです・・・

a0131025_18222514.jpg

a0131025_1822368.jpg

a0131025_18224648.jpg

[PR]
by fuwahiroshi | 2010-10-19 18:22 | メディア情報