カテゴリ:作品( 70 )

 

生活:階をつなぐ・・・

家屋のなかを、階段さんが立体的につなぐ。

階段さんは、
家屋の中の景色に新鮮さをもたらす愉しいものでもあります。

昼間は、明るい階段にするのも大切です・・・


最近、
設計・大工工事・家具工事を行った
「K邸(仮称)」での一例をご紹介いたします。



階段から庭を見る
a0131025_19581713.jpg


階段からペレットストーブを見る
a0131025_195944.jpg


階段から、ほうきの壁をみる
a0131025_19594232.jpg


階段の手摺(下から)
a0131025_2002177.jpg


階段の手摺(上から)
a0131025_2004695.jpg


階段上部には、
解体中に出て来た古建具を使い、明るくしました。
a0131025_18233492.jpg


階段上のニッチと猫のとびら
a0131025_1918942.jpg

a0131025_19182448.jpg


夕刻から、
フットライトがほんのり照らす
[PR]

by fuwahiroshi | 2012-04-03 15:20 | 作品  

生活:明かり・・・

ぽっとした明かりが、生活をほっとさせる

今回は、お施主さまのお母様の京都にあるご実家が解体される際、
救出してきたものたちに加え、個性ある、やさしい照明器具たちが、
生活を,あたためる・・・・

廊下の照明(京都から)
(電球はLED:白熱球タイプ:2W)
a0131025_2322381.jpg



台所の照明
a0131025_2323994.jpg


食卓の照明(京都から)

勝手口の照明
(電球はLED:白熱球タイプ:2W)
a0131025_2324643.jpg


電話台の照明
a0131025_2324289.jpg


多目的室の照明
a0131025_23284690.jpg


コルクボードの照明

裸電球の照明

ひもスイッチ付きの照明

お客さま部屋の照明

玄関の照明(京都から)
[PR]

by fuwahiroshi | 2012-04-02 23:29 | 作品  

生活:再利用(その一:古建具)

再利用されて、また輝きを取り戻すものたちも居る


こちらの古建具さんたちは、
お施主様のお母様の京都にあるご実家が解体されたときに救出されたものたち・・・
さあ、京間だし、どう活かすか・・・
a0131025_2331255.jpg

a0131025_2342359.jpg


勝手口の欄間になりました。
a0131025_2353083.jpg


障子を4枚組み合わせて、風通しの良い引戸になりました。
a0131025_2361748.jpg


上下に木を足して、廊下と勝手口の間の引戸になりました。
(京都では、元々は開き戸でした)
a0131025_2372654.jpg


こちらも上下左右に木を足して、トイレの引戸になりました。
(京都では、元々は開き戸でした)
a0131025_2393875.jpg


食卓の押し開き窓になりました。
a0131025_23105256.jpg

[PR]

by fuwahiroshi | 2012-04-02 23:11 | 作品  

生活:火を焚く、暖を取る・・・

生活の中で、火を焚いて、暖をとりたい季節、天気、時間帯がある・・・

春秋の朝夕
春秋の雨風曇りの日
真冬

火を焚いて、そして、無駄にしない工夫を、
「K邸(仮称)」では、行っている。



火を焚く、ペレットストーブ
このペレットストーブは、世界で唯一電源を必要としない、手作りのストーブ・・・
a0131025_22385365.jpg


ペレット
a0131025_22391531.jpg


この「ぜんまい」をくるくる巻くと、一定の量のペレットが燃焼する
a0131025_2240868.jpg


ストーブの横には、ストーブ道具がセットしてある
a0131025_22404476.jpg


こちらは、初の試み・・・
ストーブの火をつかって、床暖房。
ストーブ内に配管を這わせ、循環する。
ガス給湯器とハイブリッド。
a0131025_22423944.jpg


銅管を使い、低温水式の床暖房(無垢のフローリング材が使える)
床には、コルクの断熱材に加え、リサイクル羊毛を使用した断熱材(熱抵抗値:3.5㎡k/w)
a0131025_22533973.jpg


食卓のベンチ


このベンチの中に、お湯の循環するポンプと熱交換器を納めているので、
お尻があたたかい・・・
穴が開いていて、ふくらはぎもあたたかい・・・




焚いた火を無駄にしない様に、断熱もしっかり・・・

天井は、羊毛断熱材を200mm(熱抵抗値:5.41㎡k/w)


もみがらの断熱材が見える窓(TRUTH WINDOW)

壁には、リサイクル羊毛が混合された羊毛断熱材(熱抵抗値:2.7㎡k/w)

そして、木建具は、ペアガラス。
[PR]

by fuwahiroshi | 2012-04-02 22:59 | 作品  

生活:じゃぶじゃぶ、ゴシゴシ洗う・・・

 ぞうきん
 バケツ
 庭作業のあとの物
 泥のついた長靴
 道具
 野菜
   などなど・・・・

生活の中で、
汚れたもの、土が着いたもの、
じゃぶじゃぶ、ゴシゴシ洗いたい時がある・・・

お勝手口は、そういった場所として、最適。


今日は、春休みということで、
「K邸(仮称)」で、
ばあば と お孫さん が行う「流し台のタイル貼り」を見守る・・・

おおきなバケツが入り、土が着いたものとか、じゃぶじゃぶ、ゴシゴシ洗えます。




  想い出とともに、
     味のあるタイル達が、ところ狭しと肩を寄せあい、
            勝手口を彩る日々のはじまりはじまり〜・・・



ばあば と まご の手・・・
a0131025_18592033.jpg




完成
a0131025_190954.jpg

a0131025_194222.jpg



流し台の底
a0131025_1904470.jpg

a0131025_19155743.jpg



葉っぱタイル
a0131025_1912098.jpg

a0131025_1914839.jpg

[PR]

by fuwahiroshi | 2012-04-02 19:05 | 作品  

生活:掃除する・・・

生活には、掃除が欠かせない・・・

最近、
設計・大工工事・家具工事を行った
「K邸(仮称)」での一例をご紹介します。。


用途に合わせて様々な「ほうき と ちりとり」がある。
それらの用具が楽しそうに掛かる壁となった・・・

a0131025_19254557.jpg


a0131025_19261230.jpg

[PR]

by fuwahiroshi | 2012-04-01 22:14 | 作品  

生活:乾かす(その2)・・・

洗面所やお風呂場も良く乾かしておきたいところ・・・

お風呂場の床、壁、天井、
身体を洗うスポンジなど
身体を拭くタオル、
足拭きマット、
洗面所の手ぬぐい 
などなど・・・

雑菌がわきやすい単語がならんでます・・・

最近、
設計・大工工事・家具工事を行った
「K邸(仮称)」では、ここについても工夫をしております。

お風呂場の全景(網戸付き換気窓が3つ)
a0131025_191172.jpg


お風呂場の天井の2隅に換気窓(網戸付き)
a0131025_19165618.jpg


足拭きマットや身体を洗うスポンジの乾燥竿の受け
a0131025_19172654.jpg


お風呂場の換気窓と乾燥竿
a0131025_19154997.jpg


洗面所全景(右手に換気窓がある)
a0131025_1918558.jpg


バスタオルやお手拭きを乾かす竹
(タオルが乾く方向にハンガーをかけられる・・・)
a0131025_19184887.jpg


以上のような工夫をされると、お風呂場も洗面所も雑菌やカビから開放され、
清潔な空間となる
[PR]

by fuwahiroshi | 2012-03-31 19:20 | 作品  

生活:乾かす(その1)・・・

生活では、乾かしたいなあ〜と思うことが良くあります。

その一つ、
キッチンでは、乾かしたいものが、沢山あります。

 洗ったあとの食器や鍋類、
 その食器を拭いたふきん、
 洗ったあとのスポンジ、
 濡れた手を拭いたふきん、
そして、
 しずくもしたたり落ちる食器やスポンジ・・・
 いくら良く拭いても、完全には乾かない・・・

よく乾かさないと、カビが生えたり雑菌がわく・・・


最近、
設計・大工工事・家具工事を行った
「K邸(仮称)」では、そこらを解決する工夫をしております。


食器を洗う「ヘチマスポンジ」
a0131025_1847199.jpg


食器を洗う「ヘチマスポンジ」を乾かす窓
(風が抜けて、よく乾きます)
a0131025_18463361.jpg


ふきん掛けを下から見る
(ふきんとふきんの間を風が通り抜ける)
a0131025_1848649.jpg


ふきん掛けを上から見る
(ふきんとふきんの間を風が通り抜ける)
a0131025_18482183.jpg


食器のしずくを切る竹製の食器乾燥棚
a0131025_18484818.jpg


鍋のしずくを切る竹製の鍋収納
a0131025_1849358.jpg


鍋のしずくを受けるステンレスのバット
a0131025_18534888.jpg



木や竹を使って、清潔な空間ができます。
[PR]

by fuwahiroshi | 2012-03-31 19:01 | 作品  

「空気のやわらかさ、まろやかさ」:温感よりも触感が優先・・・


最近、設計して完成しつつある住宅に何度か出入りさせていただいて学んだ感覚について。

 それは、「空気が温かい」こと以上に、
 その家の中の「空気が柔らかい」ことの大切さ、そして何より心地よさ。
 あらためて、皮膚は「温感」よりも「触感」が優れている事を実感した。

その「空気のやわらかさ、まろやかさ」がどこからくるのか、さらによく感じてみた。


 ●火を焚いて暖をとっていること

 ●土と漆喰の厚い左官壁であること

 ●床が30mm以上の杉材など、もしくは畳であること

 ●地面をコンクリートで覆わないこと


 高断熱で温かいということも大切かも知れないが、
 もっと有意義である「人生を豊かにする感性を磨く家」になってもらうには、
 少なくとも以上の要点が欠かせない。


日本家屋の良さは、
「家屋の中に居るのに外を感じること」であると思っているが、
そう言い切るためには、
その家屋の中に「柔らかい空気、まろやかな空気」のあることが条件と言える。
[PR]

by fuwahiroshi | 2012-01-22 19:25 | 作品  

土壁塗ワークショップ:その後・・・

10月31日に行われたワークショップのその後です。

おかげさまで、
順調に乾燥が進み、

「厚みをしっかり感じる壁」になりました・・・

「手仕事の柔らかさを感じる壁」になりました・・・

a0131025_1650373.jpg

a0131025_16501979.jpg

a0131025_16503732.jpg

a0131025_16511911.jpg

a0131025_1651157.jpg

[PR]

by fuwahiroshi | 2011-11-10 16:03 | 作品