カテゴリ:作品( 70 )

 

雪のつくる景色・・・

雪のつくりだす 空気 に久しぶりに触れた・・・

雪の降る音、
雪の降ってくる動き、
雪の白色、
雪の冷たさ、
雪のやわらかさ・・・

雪の日は、そういったもので、日常を覆い、彩る・・・

a0131025_13482367.jpg

写真:小生の事務所
[PR]

by fuwahiroshi | 2010-02-01 22:46 | 作品  

11/22:もみがらハウス:ワークショップ#04

本日は、「非電化もみがらハウス」ワークショップ#04を行なった。

ワークショップの内容は、

1.漆喰を塗る
(漆喰は、消石灰・つのまた・しらすさ・白砂等の骨材・水をこねて、つくる)
2.お披露目会
3.講演&交流会(藤村靖之・不破博志)

でした。

左官講師には、左官職人の大森基伊氏に参加いただいた。(w/s#02.03.04共)

今回は合計で、20名の参加をいただきました。
ワークショップ#01から#04までで、累計117名となり、本当にたくさんの方のご参加をいただき、ありがとうございました。


a0131025_13395386.jpg
a0131025_1340664.jpg
a0131025_13402689.jpg
a0131025_13403891.jpg

[PR]

by fuwahiroshi | 2009-11-22 20:42 | 作品  

原点となる現場〜回想〜

御陰様で、不破博志+中西道也の作品が掲載された、「千葉市優秀建築ガイドブック」が年内に刊行される事となった。


これを機に、回想・・・


1997年より現在に至るまで、設計と現場(大工+左官等)の両立をさせて戴いて居りますが、ここに掲載されている「小林邸」までの仕事は、店舗やマンションリフォームでしたので、一戸建ての住宅としては、その原点となるもの。

助っ人として現場での泊まり込みもしてくれた、先日も那須に駆けつけてくれた大工の狩野貴光氏。
ここの現場では、大学院を卒業したての為田悟氏が、ういういしく初現場。
小生が植物と土・石灰の混合材について目覚めた現場でもあり、左官材のサポートを池田勝利氏。
その他、大勢の友達や仲間の協力を得た住宅。
とても多くを学んだ・・・


なにより、お施主様の小林ご夫婦の、あまりある温かさとおおらかさがなければ、この様な住宅は完成しませんでした・・・。

吾々に大事な事は、小林ご夫妻のお心と、吾々の初心を忘れず、挑戦しつづける事・・・。


ありがとうございました。
a0131025_10184110.jpg

[PR]

by fuwahiroshi | 2009-11-10 10:33 | 作品  

11/8:もみがらハウス:ワークショップ#03

本日は、「非電化もみがらハウス」ワークショップ#03を行なった。

ワークショップの内容は、

1.ワラ菌等で発酵させた「敷地内の土」を手で下塗り(10mm厚)
2.釘を打ち、縄を張る
3.餅つき大会
4.土団子をつくり、壁に手で塗り、コテで押さえる(15mmから20mm厚)
5.日干しレンガ作り
6.講演&交流会(藤村靖之・不破博志・大森基伊)

講師陣には、左官職人の大森基伊氏、土の発酵のスペシャリスト中村金四郎氏、土の空間工房sobatoの高橋慎一郎氏に参加いただきました。

合計で、40名の参加をいただきました。(w/s#01から#03までで、累計97名)
ありがとうございました。


a0131025_2125199.jpg
a0131025_213611.jpg
a0131025_2131873.jpg
a0131025_2132874.jpg
a0131025_003028.jpg
a0131025_9395556.jpg

[PR]

by fuwahiroshi | 2009-11-08 21:04 | 作品  

お知らせ:追加のワークショップ#04

現在、那須の非電化工房にて、試作実験中の「非電化もみがらハウス」の追加ワークショップ#04が決まった。

日時:2009年11月22日(日)13時15分頃から19時頃
場所:非電化工房

内容は

1.外壁に塗った土壁の上に、漆喰を左官する
2.非電化もみがらハウスのお披露目会
3.講演&交流会(不破博志・藤村靖之)

ご興味のある方は是非、参加して下さい。

お問い合わせは、

非電化工房
info@hidenka.net

不破博志一級建築士事務所
info@fuwahiroshi.com
まで、お願いします。
a0131025_1859199.jpg

[PR]

by fuwahiroshi | 2009-11-04 19:02 | 作品  

11/3:もみがらハウス:ワークショップ#02

本日、非電化工房にて、「非電化もみがらハウス」の第2回ワークショップを行なった。

前日に雪が降り、棟上げ作業が難航する中、ワークショップ当日の朝、講師陣のみならず、大工の狩野貴光氏、大澤氏が、はるばる駆けつけ、棟上げを完了!
御陰様で、無事にワークショップを行なうことができた・・・。

今回のワークショップは、

1.室内のよしず下地の壁に、もみがら石灰の塗り壁材を左官する→講師:大森基伊氏
2.敷地内で、掘り起こした土(関東ローム)に、ワラ菌等を培養した液と、そばなどのタンパク質で作った糊を入れ、足で踏む→講師:中村金四郎氏
3.屋根に使う「すすき」を刈り取り、3センチサイズに束ねる
4.講演&交流会(藤村靖之・不破博志・大森基伊・中村金四郎)

計36名の参加をいただきました。
ありがとうございました。

ワークショップ終了後、今回のプロジェクトの総括&交流会を行なった。

a0131025_1914538.jpg
a0131025_19153344.jpg
a0131025_1916152.jpg
a0131025_19165211.jpg

[PR]

by fuwahiroshi | 2009-11-03 21:44 | 作品  

10/31:もみがらハウス:ワークショップ#01

本日、非電化工房にて、「非電化もみがらハウス」ワークショップ第一回を行なった。

今回のワークショップは、
1.水・籾殻・消石灰を混ぜて、雑菌やカビやダニのいない断熱材を作る
2.壁のよしずの間に、石灰籾殻を充填する(90mm厚)
3.床に石灰籾殻を充填する(220mm厚)
4.屋根に石灰籾殻を充填する(180mm厚)
5.壁を組上げる
6.講演&交流会(藤村靖之・不破博志)

計21名の参加をしていただきました。
ありがとうございました。

a0131025_19235259.jpg
a0131025_19242053.jpg
a0131025_23582138.jpg
a0131025_2358364.jpg
a0131025_23584789.jpg

[PR]

by fuwahiroshi | 2009-10-31 18:29 | 作品  

仮組

本日、「非電化もみがらハウス」の仮組を行なった


1.素人が作っても大工が作るものほどに、頑丈。
2.床面積が10平米以内(1棟目は建築確認申請がいらない)
3.でも椅子に座った目線では、「約15平米」と広く感じる
4.もみがら石灰の混合材で断熱
5.ノンケミカル
6.ノンエレクトリカル
7.換気→湿度→温度の順に優先することで、健康の極み。


実際に仮組をしてみると、想像以上に広く、また頑丈であった。
本組みが楽しみである。

a0131025_18503033.jpg

[PR]

by fuwahiroshi | 2009-10-27 18:44 | 作品  

非電化もみがらハウス(仮称)

現在、10月末の完成を目指して、「非電化もみがらハウス」の準備中である。

概要は以下の通り。
・ノンケミカル 
・ノンエレクトリック 
・素人が作っても大工が作るよりも頑丈な構造
・安価(10平米で100万円以下)

自宅の庭に、子供部屋として、my cafeとして、アトリエとして・・・。
別荘やバンガロー代わりとして・・・。
SOHOの人達に、カントリーオフィスとして・・・。
などなど。

今後、ワークショップなども開催の予定ですので、ご興味のあるかたは、お問い合わせください。

info@fuwahiroshi.com


a0131025_13154635.jpg

[PR]

by fuwahiroshi | 2009-09-02 13:09 | 作品  

茶室

「千利休の国宝『待庵』のように、素朴な材料を使って創って欲しい」との依頼・・・。
某所において、竹薮の中の 茶室 の設計をしている。


施主は、日本画家。
日本の歴史にとても精通して居り、お話を伺うたびにとても勉強になっている。

「日本文化というのは、やる人が居なくなったら、すぐに消えてしまう文化。だから凄い」という言葉が、とても印象的な方である。

設計に加えて、大工として工事に参加する。
11月に施工開始で、今年中に完成の予定・・・。
[PR]

by fuwahiroshi | 2009-08-25 13:59 | 作品