<   2009年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

10/31:もみがらハウス:ワークショップ#01

本日、非電化工房にて、「非電化もみがらハウス」ワークショップ第一回を行なった。

今回のワークショップは、
1.水・籾殻・消石灰を混ぜて、雑菌やカビやダニのいない断熱材を作る
2.壁のよしずの間に、石灰籾殻を充填する(90mm厚)
3.床に石灰籾殻を充填する(220mm厚)
4.屋根に石灰籾殻を充填する(180mm厚)
5.壁を組上げる
6.講演&交流会(藤村靖之・不破博志)

計21名の参加をしていただきました。
ありがとうございました。

a0131025_19235259.jpg
a0131025_19242053.jpg
a0131025_23582138.jpg
a0131025_2358364.jpg
a0131025_23584789.jpg

[PR]

by fuwahiroshi | 2009-10-31 18:29 | 作品  

耐震実験:長期優良住宅倒壊!

2009年10月27日の出来事。
2種類の木造住宅を並べ、阪神大震災強の地震力で揺らす公開耐震実験があった・・・。
( 防災科学技術研究所など)

その動画
http://video.fc2.com/content/09.10.27%20E-ディフェンス公開実験/20091028cub1DWTK/
そのニュース(日経ネット)
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20091028AT1G2703J27102009.html


長期優良住宅が、耐震実験にて倒壊した。
しかも、横転するように完全に倒壊した・・・
がっちりと地面に固定した長期優良住宅は、すべての地震力を建物自身が受ける。
壊れて当たり前である。


かたや、従来の構造の住宅は、柱の接合部が一部壊れたが、倒壊はしなかった。
接合部がゆるく、また建物と地面が堅く固定していない為に、建物自身がずれて、地震力を逃がす・・・



これは、10年前に色々と教えてくれた伝統構法を続ける大工の棟梁が、言っていた事・・・

「金物がついていればオッケーというように、建築をなにも知らない素人が見て判断しやすいようにするという目的しか感じない」
そして、
「感性と経験を完全に無視していて、伝統だけではなく、人間への侮辱である」
と。


棟梁は、若い役所の人間が建築途中に中間検査にきて、チェックが終わった後、
「こんなものいらないんだ!」といって、土台のアンカーボルトを全て切断していた・・・


あの姿が忘れられない・・・。



[PR]

by fuwahiroshi | 2009-10-29 23:02 | 想々  

仮組

本日、「非電化もみがらハウス」の仮組を行なった


1.素人が作っても大工が作るものほどに、頑丈。
2.床面積が10平米以内(1棟目は建築確認申請がいらない)
3.でも椅子に座った目線では、「約15平米」と広く感じる
4.もみがら石灰の混合材で断熱
5.ノンケミカル
6.ノンエレクトリカル
7.換気→湿度→温度の順に優先することで、健康の極み。


実際に仮組をしてみると、想像以上に広く、また頑丈であった。
本組みが楽しみである。

a0131025_18503033.jpg

[PR]

by fuwahiroshi | 2009-10-27 18:44 | 作品  

「非電化もみがらハウス」はじまる・・・

明日より
不破博志一級建築士事務所 と 非電化工房 のパートナーシップで「非電化もみがらハウス」の製作実験を始める・・・

この小屋の意匠は現在、特許庁に意匠登録申請中のもので、

テーマは
「床面積10平米以下」
「素人が造っても、頑丈な構造」
「ノンケミカル」
「ノンエレクトリカル」

今回の製作実験は、小生だけでなく、
非電化工房に弟子入りしている4名のお弟子さん達の手をお借りして造っていく・・・・。

10月31日(土)  :もみがら入れワークショップ
11月3日(火)祝 :土壁塗りワークショップ
11月8日(日)  :土壁塗りワークショップ&お披露目会

を行ないながら進める予定。

ワークショップ参加・見学等、ご興味のある方は,
info@hidenka.net
もしくは
info@fuwahiroshi.com
まで、お問い合わせください。

a0131025_1643980.jpg

[PR]

by fuwahiroshi | 2009-10-19 16:43 | フィールドワーク  

「非電化もみがらハウス」新聞掲載

2009年10月14日、朝日新聞の夕刊に「非電化住宅プロジェクト(仮称)」の記事が出た。

このプロジェクトを通して、「家屋」というものに対して、新しい選択肢を与えられば幸いである。

まずは、10月21日からの「非電化もみがらハウスプロジェクト」を皮切りに、つぎつぎ続いていく・・・
乞うご期待。

a0131025_22493971.jpg

[PR]

by fuwahiroshi | 2009-10-15 22:51 | メディア情報  

月の光 と 夜露 の関係

夜を照らす月の存在は、古代人にとって大きなものだった。
晴れた夜の夜露は月がもたらすものとされていました。

確かに夜中に明るい場所、
つまり
月の光が届かないところには、夜露が出ない・・・。


夜露が出ないと、蓄熱された大地は冷めにくい。
仮に地球温暖化が進んでいるとすると、夜露の影響が考えられないか・・・。

月の光 と 夜露 の関連・・・。

どうなんだろうか・・・

下写真:宇宙から見た夜の地球の写真
a0131025_16122460.jpg
a0131025_16162590.jpg

[PR]

by fuwahiroshi | 2009-10-11 16:06 | 想々  

ラグビー部、始動!

ラグビー部再結成宣言から、約1ヶ月。
みな思い思いに体をつくり上げ、第一回目の合同練習をした。2009.10.03

一言でいうと、「満足」。
今回は、ただパスをしながら走るだけでも楽しかった。


ラグビーをやるという目標を持つ中で、仕事の合間にストッレッチやトレーニングをすることで、
心身ともにリフレッシュし、仕事の効率があがることを感覚できた1ヶ月だった。

みなさん、ケガをしないように柔らかい体をつくっていきましょう!


a0131025_15324437.jpg
a0131025_1532556.jpg
a0131025_1533538.jpg

[PR]

by fuwahiroshi | 2009-10-04 15:11 | フィールドワーク  

スケートボード

今夕は頭休め。

スケートボードをみていた・・・。

それは、合板の板に車輪がついているだけの、乗り物。

ただこれが、あらためて、すごい「もの」だと気付いた。

ただそれだけの乗り物に、さまざまな種類のパーツ,ボードの形、デザイン、サイズがあり、さらに乗りこなすスケーターがいて、エネルギッシュなスタイルとファッションが生まれる・・・。
コミュニティーも生まれる・・・。

そしてストリート感覚に溢れている。

そのクリエイティブでエネルギッシュな感覚が、人を惹き付けている。


「人にクリエイティブなエネルギーとコミュニティーを生む」、
そんなテイストのある「もの」は、「もの」としてやはりおもしろいな〜、と一層強く感じた日だった。
[PR]

by fuwahiroshi | 2009-10-01 20:02 | 想々