太陽と月と星と地球とともに...
by fuwahiroshi
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
ご挨拶、はじめまして
アトリエ紹介
作品
素材
フィールドワーク
想々
メディア情報
家具
未分類
以前の記事
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧
12/24:想々:「持ちながらえるべき気持ち・・・」
「生」つまり、「命」について、想々・・・

昨今、「命」が一番大事というようなことになっている・・・。
しかし、生命を最高の価値にしてしまうと、実は恐ろしいことになる・・・。

つまり状況に依れば、自分が生きる為に、
○○さんを裏切る、○○さんを騙くらかす、あるいは救える人を見過ごしにするとか・・・
「生きること」を第一の価値にしてしまうと、なんでも許されることになってしまう・・・。



命が一番大事ってことを否定する為にも、いざとなったら自分で死なねばならない場面って言うのがあるだろうと・・・
こういうことをきちんとやったのが、日本の武士道であり、西欧の騎士道、その他各民族の生死感・・・。

つまり、この感覚は、「普遍的なもの」・・・。


人間がいくら生きたって必ず死ぬ訳で、それを単に病死にまかせるのか、
あるいはそうではなくて、「死ぬべきときには死んでみせる」と言う気持ちをずっと持ちながらえるか、ということを問うこと。


その感覚を持って、一人が志を立てるとき、一國に影響する・・・


そう考えると「己の生(命)そのもの」ではなく、「生を得たこと」に最高の価値がある・・・
[PR]
by fuwahiroshi | 2012-05-03 20:58 | 想々
想々:世相激変のなか・・・
 人に、普遍魂がある。

     故に万里を飛ぶ・・・

        良い仕事をする一魂を大切になさいませ・・・



  世相激変 のなか、

        小さな国の小さな町に住む人が

              地球と世界へ向けて一対一の人生を営むのみ・・・
              
[PR]
by fuwahiroshi | 2012-05-03 20:48 | 想々