太陽と月と星と地球とともに...
by fuwahiroshi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
ご挨拶、はじめまして
アトリエ紹介
作品
素材
フィールドワーク
想々
メディア情報
家具
未分類
以前の記事
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2014年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧
落成祭の本義について・・・

家屋建立に際しての、祭祀事である「地鎮祭・上棟祭・立柱祭」については、
当ブログでも、書かせていただきました。

想々:地鎮祭について
http://fuwahirosi.exblog.jp/11709792/
想々:祭祀・・・
http://fuwahirosi.exblog.jp/12979880/
土の話
http://fuwahirosi.exblog.jp/13404673/
想々:ダイコク柱=大極柱
http://fuwahirosi.exblog.jp/19727564/
想々:や・す・く・に・・・
http://fuwahirosi.exblog.jp/18130821/
想々:靖国神社について
http://fuwahirosi.exblog.jp/19243661/


今回は、家屋が完成したときに執り行ないます「落成祭」についてです。

「家が完成して、おめでとう!」ということで良いのだと思いますが、
この祭祀の本義を知った上でのほうが、おめでたさが増しますので、ここに記します。


家屋建立の際、
様々な材料が使われている中には、何処で採れたか分からぬものが沢山あります。
中には、死穢に染まった材料もありましょう。
中には、伐られてくなかった木材もありましょう。
その他その他、様々な想念を含んだ資材が組立てられ組上げられて、家屋新築でございます。

一切の資材を生き更へらせること、これが落成祭の本義でございます。
一軒の家屋という「生きもの」にして一切の資材を甦らせて参ります。
そのとき、一つ一つの材料が自分勝手な存在を主張していたら、家になりません。

あれもこれも彼も私もという様に組立てられた家屋を一瞬 
「祭祀という虚空」に置く、
そして同時に新生させる。

家屋新生に当たってどれ程の者達がその身を其処に呈供している事か、
お屋根のてっぺんから縁の下に至るまで全部 
吾が身を捨ててお役に立ってくださっているのです。

家屋新生とともに、『家族新生』なのであります。

銭金があるからというだけで、良い家屋が造られるものではありません。
こういった祭祀を通して、心を合わせ、お許しが得られてこそであります。


以上、落成祭の本義について、誠に簡単ではありますが、小生が知る所を記させていただきました。
このような事を知ることができましたことを心より感謝しております。



[PR]
by fuwahiroshi | 2014-11-08 18:50 | 想々
もうすぐ完成・・・


今年、当事務所で手掛けてきた日本家屋が、
ほぼ完成・・・。
中庭、坪庭の完成が待ち遠しいです。

一通りの完成を迎えるのは、
冬が訪れる前でしょうか・・・


我々のご先祖様達が
長年かけて、最適化を図ってきた
日本の伝統構法の家屋ほど
清々しい家屋はないと思います。



祭祀民族ならではの
国民が幸せになる生活の知恵もいっぱい詰まっています。



施主のみならず、当事務所も
漸く、この機に巡り会えたことを慶ぶ・・・



当たり前のことが当たり前になるよう、
努力して参りたいと思います。








a0131025_13371081.jpeg

東の庭から居間をみる
奥に西の坪庭が見える









a0131025_13384942.jpeg

                                   一本脚の掘りごたつ












a0131025_13342368.jpeg
階段
ガラス瓦でできたトップライトの光が
左官の壁を廻る









a0131025_21014380.jpg

トイレにある唯一の窓
陰影礼賛・・・
庭を臨む・・・












a0131025_21070695.jpg
「2畳+一尺の板の間」の和室。
ご主人が「素」に戻る間。
床柱は、末口50φの北山杉の磨き丸太。











a0131025_21055615.jpg

日本間の天井











a0131025_13384075.jpeg
床柱は、末口50φの北山杉の磨き丸太。
錆び竹との相性も良かった。















a0131025_21053602.jpg
玄関の飾り棚
杉板を加工












a0131025_12315883.jpg

東南からの外観














a0131025_12324112.jpg

北西からの外観













a0131025_21064895.jpg

これから作庭予定の西の坪庭












a0131025_21041193.jpg

玄関













a0131025_12345648.jpg

玄関の足元













a0131025_11181617.jpeg

ガラス瓦のトップライト。













a0131025_11184647.jpeg

一文字瓦、美しいです。






[PR]
by fuwahiroshi | 2014-11-03 21:28 | 作品
おむすびハウス:写真を新たにアップです。

以前完成しました素朴な家
「おむすびハウス」
の写真を新たにアップします。


延床面積24坪ですが、
なるべく広がりがあるように
設計しました。

1)バルコニーと居間の段差をなくす
2)建具を天井いっぱいにする
3)その他、こまごまあります。

また、
自然素材を使用すると空間が甘くなりがちですが、
シャープな感じもあるように、設計しました。

1)家具の位置をFIXし、
天井照明の配置を決めることで、
緊張感というか、シャープさも出ていると思います。
2)括り付け家具のモジュール
3)その他、こまごまあります。


a0131025_18090580.jpg














a0131025_18085822.jpg















a0131025_18092654.jpg














a0131025_18093919.jpg













a0131025_18095935.jpg















a0131025_18095042.jpg

















a0131025_18084912.jpg









[PR]
by fuwahiroshi | 2014-11-02 18:08 | 作品