太陽と月と星と地球とともに...
by fuwahiroshi
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
ご挨拶、はじめまして
アトリエ紹介
作品
素材
フィールドワーク
想々
メディア情報
家具
未分類
以前の記事
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2015年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧
想々・・・:初釜
本日、縁あって、初釜に参加させていただきました。
皆様、お茶をたしなむ方は、物腰もやわらかで所作も美しく、惚れ惚れいたしました。
毎度のことですが、自分の「がさつ」さに凹みます。

さて、一言で
「茶道は総合芸術」
あらためて認識させていただきました。

四季の中に息づく、庭と建築と人ともの・・・。
人を含む「全てへの関心と心根」が凝縮された空間と時間でありました。

「心根」といえば、
日本人は、物を誉めるときのみならず人を誉める時も「心根がいいね」といいますから
質素であろうが、煌びやかであろうが関係ないのです。
(以前、心根については、http://fuwahirosi.exblog.jp/19819511/で考察)

また余談になりますが、
「床柱と炉」の本義は、
「床柱をご神木に見立て、人が火を囲み。そこに神をお迎えする、という祭祀の一端」
と伺ったことがございます。
茶室に感じる「清々しさ」は、この概念を形式化したところにあるとも思いました。

本日は、誠に勉強になりました。
ありがとうございました。

[PR]
by fuwahiroshi | 2015-01-25 18:50 | フィールドワーク
想々・・・:伝統木構造という仕事とは
決して懐古主義ではない。
むしろ逆である。

果たして
現在まで、累積、何億人の大工が産まれ「技」を競って、死んでいったことであろうか・・・・

現在、我々が「伝統木構造」と呼ぶ代物は、
大工達が、過去の数々の地震、台風などの「天災」と「気候」を経て残った建物に学び、参考にし、改良し続けてきた結果である。

この瞬間、木造建築に携わるということは、
その何億人もの大工達を背中に背負って、現代を切り開く「最先端に立つ」ことと同義であるはず・・・

ましてや、彼らが眠る国土、大地の上に建てるのである。


今、この視点、この立場を感覚することが大切、と想々・・・


[PR]
by fuwahiroshi | 2015-01-23 22:50 | 想々