<   2015年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

刀匠の姿勢の一端

前述の刀匠と電話で話していたときのこと・・・。

「今、どこですか?」
「東京ですか?」
と尋ねられ、そうですと答えると

「ちょうどそちらに向いて話しております」
とおっしゃられた。

思わず、こちらも、姿勢を正してしまった・・・。

あ〜、こういう方だから
まっすぐなものづくりをするのだなと、納得しました。

400km離れたところで、刀匠がこちらを向いて、電話で話しかけられていると思うと、
不思議な感覚に包まれた。


[PR]

by fuwahiroshi | 2015-02-14 22:57 | 想々  

想々:刀匠との一問一答

大変お世話になっている刀匠との一問一答。

小生「刀匠は、研ぎすまされた鋭い物をこしらえているので、常に鋭い感覚で居られるのですか?」

刀匠「わかるかなあ。どちらかというと逆だなあ。無駄に反応しないと言うか、無駄を削ぎ落とすというか、まあ、そういうこと」


どちらかというと、ぼーっとすることだよ、のような返答に、正直、驚いた。


[PR]

by fuwahiroshi | 2015-02-04 23:57 | 想々  

想々:刀匠の一言

大変御世話になっている「刀匠」からのアドバイス。

「価値がさがるもんでなくて、価値があがるもんをつくればいい」

価値には

形而上的価値=お金で計算できる価値
形而下的価値=お金で計算できない価値

があるが・・・、と思いましたが、

価値と言ったら、価値だよ、と言われそうで、
それ以上聞けませんでした。



[PR]

by fuwahiroshi | 2015-02-04 23:44 | 想々  

想々:無用の者か、それとも・・・。


クラシックカーの世界では、
エンジンや足回りを、技術の高いエンジニア、
ボディー・内装をオートクチュール。
時代を超えて価値を上げている。
時代を越えて大切にされている。


同じように、
家屋の世界でも
フレームは、世界最先端である伝統技術を駆使する日本の大工、
デザイン・内装をオートクチュール。
時代を超えて価値が上がることは明白。
時代を超えて大切にされるであろう。


現代の車で、10年以上大切にされる車は、どれだけあるだろうか・・・。
家屋についても同様で、
国土交通省が出しているデータでは、木造住宅の平均寿命は、30年程度・・・。。


さて、ここからが本論。

伝統構法の建物で100年以上もっている建物をみると
それらは、木の選定、木の組み方、屋根の勾配、軒の出、通風換気、・・・、
天災・四季など、多岐に渡る配慮に溢れるを無数の先人の智慧がつまった建物の構法・構成となっている。
日本が長年かけて、最適化されてきたものを捨てる手はない。
なによりも、伝統文化の中には、国民が幸せになる生活の智慧・先人の心根、がいっぱい詰まっている。

残るから大切にされるのではなく、
大切にされるから、残る・・・。

未来に、「クラシックハウス」としてを大切にしてくれる人達へ・・・。

人々に大切にされて、残ること。
未来、この結果がでれば、建築家の新たな形而上的価値が論じられることになるのかも知れない。

小生、ただの言論人か、無用の者か、それとも・・・。


国土が産む素材、そして肚を据えた職人とともに、
今年も、氣を引き締め、伝統木構法の家屋に取りかかります。


a0131025_23061099.jpg


[PR]

by fuwahiroshi | 2015-02-04 23:14 | 想々