タグ:プロジェクト ( 16 ) タグの人気記事

 

細い木を束ねて、しなやかな木造へ

a0131025_198939.jpg


建築は、大自然の中に建つ

それゆえ、非常に複雑な力がかかる

また
同じようにに、人間も大自然の中に立つ

骨格を支える筋肉、
これが太く硬いと、怪我をしやすい。
細くてしなやかだと、少々傷がついても、機能する。
(メジャーリーガーのイチローも太い筋肉を付けないようにしているようだ・・・)



伝統構法というと、太くて長い材を思い浮かべる。
ある断面寸法超えることで、大自然の動きに耐えてきたのだ。

ところが
現代、太くて長い材料を手にすることが様々な要因で、困難になってきている。

さあ、これをピンチと考えるか、それとも機に出逢ったと考えるか‥‥

機であるとしたら、
しなやかな日本建築を進化させる機である。
つまり、「細い材のしなやかさ」という特性を活かす機・・・

この度、伝統木構の会が、細い木(基本三寸角)を束ねて、
しなやかな木造建築の一案を考案した。

有難くも、今回その建設に大工として、建前に関わらせていただいた。
体感できたことが有難かった。


以前、滋賀県で経験した『挟み梁構法』を筆頭に
しなやかな木造建築という、新しい日本建築の幕開け時代として捉えていくべき、
と想々・・・


明日より、12月26日まで、
新宿、ozoneデザインセンターで「南信州の木の家と暮らし展」
が行われており、そこに実際の建物が展示してある。

設計は、株式会社 矢沢設計。
施工は、株式会社 健組。

余っている間伐材の有効利用などというネガティブな、
その類のものでは決してない。

志ある職人の手間を要するが
日本人が日本人としての生活を育むのには、その心ある手が必要不可欠!
此処の所、要再考と想う・・・


a0131025_19162087.jpg

[PR]

by fuwahiroshi | 2013-12-17 19:08 | フィールドワーク  

omusubi-house : お家の外回り・・・

omusubi-house
駐車場とアプローチ階段
a0131025_1616515.jpg


omusubi-house
駐車場(ジャワ石を斜め市松模様に)
a0131025_19573736.jpg


omusubi-house
敷地境界線の縁石
a0131025_16251828.jpg


omusubi-house
アプローチ階段
a0131025_16281215.jpg



omusubi-house
アプローチ階段
a0131025_16202895.jpg


omusubi-house
3次曲線の手摺
a0131025_16391962.jpg

a0131025_16253847.jpg



omusubi-house
手摺の先端
a0131025_2013322.jpg


omusubi-house
アプローチ階段と玄関のつながり
a0131025_16313827.jpg


omusubi-house
洗い出しの床
a0131025_16335443.jpg


omusubi-house
玄関下の物入れ(鉄扉)
a0131025_19562836.jpg

a0131025_19565144.jpg

[PR]

by fuwahiroshi | 2012-11-17 16:43 | 作品  

omusubi-house「おむすびハウス」にある心



●omusubi-house「おむすびハウス」

http://fuwahirosi.exblog.jp/16778086/

住宅を通して,

○大きさや広さよりも、
   「好みの空気感」「気持ちいいと感じる皮膚感覚」を捉えて欲しい、捉えてあげたい・・・

○奇抜さよりも、
   「細かい仕立て」「ちょっとした気遣い」に包まれたい、包んであげたい・・・・

このようなことが、
日本人の美意識の根底にある思います・・・

その意識をもって、心を籠めて職人が手でむすぶ・・・
このような家は、みんな、おむすびハウス~omusubi-house~・・・

さて
 米は白米?玄米?
 具は、なににする?何種類?具はみせるの?中に隠す?全体にまぶす?
 塩加減はどうする?
 海苔はパリパリがいい?
 焼く?
 漬け物は?・・・・・

みなさま
それぞれのおむすびハウスを実現してみてください。
[PR]

by fuwahiroshi | 2012-11-12 20:23 | 作品  

おむすびハウスvol.01 : オープンハウスのお知らせ

omusubi-house

a0131025_1682023.jpg


omusubi-house

a0131025_1822813.jpg


omusubi-house

a0131025_18304734.jpg


omusubi-house

a0131025_18251346.jpg


omusubi-house

a0131025_18223285.jpg


omusubi-house

a0131025_1829741.jpg


omusubi-house

a0131025_1823403.jpg


omusubi-house

a0131025_18261962.jpg


omusubi-house

a0131025_18353762.jpg


omusubi-house

a0131025_18322367.jpg


omusubi-house

a0131025_18361145.jpg


omusubi-house



●「おむすびハウス」とは?
  「おむすび」は、人が心を籠めて、お米とお米をむすぶ「食」・・・
  塩加減、むすぶ加減、具の入れ方などによって、おもむきをかえていきます。

    小さくて、簡素だけれども、
    自然素材を、造り手が心を籠めて、むすんだ「家」・・・
    そんな家を 「おむすびハウス」 と名付けました。

      なによりも
      家族団らんが「一番の具」となることをお祈りするものであります。





来る11月17日(土)・18日(日)の11:00~15:00
「設計監理」と「家具製作」「建具製作」をさせていただいた「おむすびハウスvol.01」、
建て主さんのご厚意で、オープンハウスをさせてもらうことになりました。

「ご案内」を添付致します。
ご希望の方は、ぜひご覧になっていただけますと幸いです。
事前にメール(info@fuwahiroshi.com)にて、ご連絡をいただけますと幸いです。
もちろん、当日の参加も歓迎しております。

omusubi-house annai

a0131025_1853461.png



※データが圧縮されておりますので、「お知らせ」と同じ文章はこちらに記します。
--------------------------------------------------------------------------------------------
オープンハウスのご案内
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
昨年より設計をしておりました狛江市東野川の住宅がこの度完成いたします。
建て主さんのご厚意によりオープンハウスを開く事になりましたのでご案内申し上げます。
ご多忙中恐縮ですが、是非ご覧いただきご意見などいただけますと幸いです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「おむすびハウスvol.01」   
狛江市東野川 Y邸  2012/11/17(11:00~15:00)
            11/18(11:00~15:00)
新宿から20分ほどで到着する小田急沿線の駅から徒歩圏にあり、
近くには公立の小中学校や畑もあり、長年こちらでお住まいの方や、
子供のいる若いご夫婦など、幅広い年齢層のご家族方がお住まいで、
静かでのんびりとしているのに、人の姿もみえて、あたたかい雰囲気のある地域です。
 建て主さんであるご夫婦の奥様は、ご自宅で執筆のお仕事をされています。
小さなお子様から目が離れない様に、「キッチン・居間・仕事場」を配置し、
お子様と一緒に勉強もしやすいことも視野に入れ、計画をしております。
また、納める食器や家電、本などに合わせて製作した
「括り付けの家具」も、家にアクセントを与えております。

  「白土」を用いたやわらかい表情の壁天井、
  「150mmの幅広のナラ材」を用いた落ち着きのある床、
  「桐材」を用いた上品な建具たち、

などなどの醸し出す空気を感じてくださいますと、幸いです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
名称     おむすびハウス vol.01
        狛江市東野川 Y邸 新築工事
日時     11月17日(土)18日(日)11:00~15:00
場所     東京都狛江市東野川1-3-8
設計     不破博志一級建築士事務所
施工     株式会社タツミプランニング
左官     大森基伊
用途     専用住宅
構造規模   木造2階建て
敷地面積   101.86平米
建築面積   40.39平米 
延床面積   80.788平米

◎スリッパと手袋をお持ちいただけますと幸いです。
(こちらでも4セットご用意致します)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
当日連絡先 090-1555-1335(不破)
不破博志一級建築士事務所  
〒157-0066 東京都世田谷区成城7-5-9
tel・fax:03-6411-2938
http://www.fuwahiroshi.com
info@fuwahiroshi.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[PR]

by fuwahiroshi | 2012-11-11 18:06 | 作品  

一手一手・・・

「築50年の木造」に手を入れている。


度々、ブログに登場している・・・
( 築50年の木造住宅を、あと30年以上持たせる:http://fuwahirosi.exblog.jp/9941343/)
(プロジェクト 〜非電化改築〜: http://fuwahirosi.exblog.jp/10892408/)
(非電化改築の途中経過・・・:http://fuwahirosi.exblog.jp/12969738/)
(床下・・・:http://fuwahirosi.exblog.jp/13010595/)
(80年前の建具を再生・・・:http://fuwahirosi.exblog.jp/13010539/)
(七夕:http://fuwahirosi.exblog.jp/13111047/)
(「新月伐採材」での漆喰壁の下地完了:http://fuwahirosi.exblog.jp/12969350/)
(もみがら を もらう・・・:http://fuwahirosi.exblog.jp/13207419/)
(もみがら断熱材仕込む:http://fuwahirosi.exblog.jp/13237033/)




さて
どんな手の入れ方か?




ご夫婦の豊富な経験と生活への温かい「眼差しと心使いと志」の賜物の発想、
そして、
そのご夫婦の可能性が沢山詰まった人生の一端を担えますようにと願って
手を入れているつもり・・・



「理屈・理論」だけでは生きていて愉しくない。
「理屈・理論」を「人の感覚」に落とし込むのが、手の力・・・


完成へ向け、一手一手・・・



まだ途中ですが、許可をいただき、写真を少々・・・

台所への入口。
a0131025_14285234.jpg


洗面所
a0131025_14291059.jpg


洗面所
a0131025_14293212.jpg




また
人生の財産になるであろう地元の人達との「良い仲間作りの場所へのスタート」
になることを願って
そして、愉しい一日になるよう、「外壁の土壁塗りのワークショップ」の準備中。
(今月末開催予定です。詳しくはまたUPします。)
[PR]

by fuwahiroshi | 2011-10-03 14:45 | 作品  

非電化もみがらハウスのような家、これを応用・・・。

2009年に、非電化もみがらハウスという建物を、那須の「非電化工房」に建てた。
その時行ったワークショップでは延べ140名超の方々の参加をいただき、
関心の高さを実感し、たいへん大きな力をいただいたことをおぼえている。

小生のブログでも、何回か登場している。

http://fuwahirosi.exblog.jp/9125626/
http://fuwahirosi.exblog.jp/9199123/
http://fuwahirosi.exblog.jp/9199077/
http://fuwahirosi.exblog.jp/9199095/
http://fuwahirosi.exblog.jp/9221641/
http://fuwahirosi.exblog.jp/9297600/
http://fuwahirosi.exblog.jp/9297528/
http://fuwahirosi.exblog.jp/9297714/
http://fuwahirosi.exblog.jp/9298190/
http://fuwahirosi.exblog.jp/9304276/
http://fuwahirosi.exblog.jp/9421954/
http://fuwahirosi.exblog.jp/9635467/

非電化もみがらハウスというのは、当時、

テーマは
「床面積10平米以下」
「素人が造っても、頑丈な構造」
「ノンケミカル」
「ノンエレクトリカル」

ということで、建てた。

a0131025_2022766.jpg

a0131025_19574723.jpg



これを応用し、さらに「住まい方」に応用を加える事で、
さらに発展させていくというプロジェクトが昨年春から進行中。

築50年の木造住宅を、耐震工事し、「非電化改築」している。
http://fuwahirosi.exblog.jp/9941343/

このプロジェクトの途中に、大変な震災を迎え、さらに見が引きしまる思い。
お施主さんとも、色々な議論になり、とても有意義なお仕事・・・
誠に感謝の気持ちで一杯です。

ゴールデンウィーク明け辺りから、工事に入る・・・

ここで培う経験を活かして、街づくりのなかで少しでも力になれたら、嬉しく思う・・・

a0131025_201999.jpg

[PR]

by fuwahiroshi | 2011-04-10 20:14 | 想々  

 プロジェクト 〜非電化改築〜


現在進行中の 住宅の非電化改築プロジェクト ・・・
コツコツと年内完成を目指している。

どうやら、
日本は、自動車の「電化」のみならず、生活全般に「電化の動き」が進みつつあるようだ。

生活すべての電化を進め続けると、取扱いのむずかしい素材(半減期が長い)による発電インフラに頼ることになりそうなので、

今回の改築は、

  住宅の改築の『もう一つの選択肢』として
     なるべく電化しないで、かつ楽しい生活が送れるような『提案』ができれば幸い。


今回の住宅には

  自作太陽熱温水器風呂(貯湯式)
  自作太陽熱温水器給湯器(貯湯式)
  薪orペレットストーブ温水器(貯湯式)
  輻射式の 薪ストーブ o r ペレットストーブ
  自作パッシブソーラーウォール(日当りの好い2階の部屋)
  自作非電化食品庫(放射冷却と地熱利用)
  自作断熱パネル(もみがらを使用)
  自作貯雨タンク(庭用・トイレ用)
  自作コンポスト(生ゴミの堆肥化)
  
  

を、装備させることとなった。
それぞれ、見学会やワークショップを行う予定・・・


そういう訳で、今日は
半年以上ぶりに、非電化工房におじゃまして、勉強をさせていただいた。


昨年建てた、非電化もみがらハウス
a0131025_121815100.jpg

非電化もみがらハウス内部
a0131025_12174936.jpg

コンポストトイレ
a0131025_1217562.jpg

太陽熱風呂&薪風呂小屋
a0131025_12165118.jpg

太陽熱温水器
a0131025_13574226.jpg

[PR]

by fuwahiroshi | 2010-06-25 23:13 | フィールドワーク  

mission : 築50年の木造住宅を、あと30年以上持たせる・・・

 お父様お母様の建てた

    「築50年」の 木造住宅 を あと「30年」持たせる・・・



 ただ単に、「30年」持たせるだけではなく、
       お施主様のお気持ちは、概ね以下のよう・・・


 1.歴史の継承 → お父様お母様の建てた築50年の建物
 2.モノ・エネルギーを大切に 
 3.素材を活かした家 → 日,土、木、緑、空気、・・・ 
 4.開かれた家 → 図書室として地域に開放も・・・
 5.開かれた家 → 友人知人が気軽に集えて、泊まれる家
 6.すんでゆく楽しみがある → すまいかたの変化が楽しめる 
 7.日々の生活をスムーズに → 農作業、庭の手入れ、洗濯、そうじ、収納、仕事・・・
 ・
 ・
 ・
などなど


   この気持ちが どんな かたち になっていくか・・・楽しみである。
[PR]

by fuwahiroshi | 2010-04-06 22:14 | 作品  

続01:築120年の古民家の解体工事

どのように、
木と木が組んであるのか・・・


    構造体、即、仕上!


外から一見しただけでは分からないのが、日本の伝統木構法の建物・・・

  

    複雑なシステムは、内に秘められ、表面はきわめて単純・・・
 

 
内に力を秘めた日本の伝統建築の素晴らしさに感動しながらの、解体工事は、続く・・・




a0131025_1932553.jpg
a0131025_19322041.jpg
a0131025_2023124.jpg
a0131025_20233537.jpg

[PR]

by fuwahiroshi | 2010-03-09 21:19 | 想々  

築120年の古民家の解体工事

来週から、築120年の古民家の解体に入らせていただくことになった・・・


日本の 伝統木造 を

   体 で感じること

ができるとても良い機会と心得る。



今後の 設計 に役立てることを考えながら、作業に臨みたい・・・

a0131025_2215816.jpg
a0131025_22152186.jpg

[PR]

by fuwahiroshi | 2010-03-06 08:08 | フィールドワーク