太陽と月と星と地球とともに...
by fuwahiroshi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ご挨拶、はじめまして
アトリエ紹介
作品
素材
フィールドワーク
想々
メディア情報
家具
未分類
以前の記事
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:伝統構法 ( 5 ) タグの人気記事
庭に住もう・・・
 
本来、日本家屋の本当の良さは
「内に居ながら、外を感じること」
である。

現代人は
「家」に住むと思いがちであるが、本来「庭」に住むという感性を持ち合わせている我が民族。

一部屋でもそのような「庭に住む」という感覚を持ち合わせた部屋のある家屋に住み、
屋敷を調え、心身を調えたいものである。

ですので、今後、家屋の設計は、「庭師」とともに行いたいと考えおります。


a0131025_1545136.jpg


a0131025_15525352.jpg


a0131025_15542093.jpg


a0131025_15545672.jpg

[PR]
by fuwahiroshi | 2015-12-26 16:01 | 作品
樹への禮儀・・・:切り旬と乾燥方法など
樹齢何十年という樹が倒れるときの音をお聞きになった事はありますでしょうか?
様々な感情も産まる中々言葉では言い表すことのできない音です。
ただ言える事は、
伐採に立ち会うと「樹を良い形で使う事が大切な禮儀」と感じることです。

樹齢何十年何百年と培ってきた樹を良い木材として家屋に活かすために、
長野某所で樹の伐採をして参りました。

ところで
「良い木材」とはどういうものでしょうか?

それは
1)割れにくい、曲がりにくい、ねじれにくい
2)粘りがある
3)腐りにくい、カビが生えにくい、雑菌が湧きにくい
4)木肌の色艶が美しい
5)香りが豊か

そのために、樹を伐採する時期、樹を倒す方向、樹の乾燥の技術などの「智慧」があります。
樹々に対する「禮儀」とも言えます。
なんにおいても「時・処・位」というものがあるように、
良い木材として、樹を伐採するにも「時・処・位」があります。
国土が育てた樹々を良い木材として活用するための一端をご紹介します。

 其の一)切り旬について
   11月、12月、1月の新月の直前の数日間に伐採する。
   今回は新月の3日前に伐採しました。
   新月の直前は、水が比較的下がっているため、導管に水分および養分が少ない。
   そのため、乾燥時、木が割れにくく、カビが生えにくく、腐りにくい。

 其の二)乾燥方法について.1
   枝葉をつけたまま、春まで「葉枯らし乾燥」する。
   すると、導管内に残った水分および栄養分を葉っぱがもっていく。

 其の三)乾燥方法について.2
   製材後は、日さらし風さらしでないところで、天然乾燥する。
   製材後、強い陽や強い風に当てると表面乾燥のみが進み、割れの原因となる。
   外面も内側もゆっくり乾かしていくのがよい。

以上がすべてではありませんが、先人から伝わる智慧の一端であります。
先人が、商売のために行ってきたことではなく、樹に対する「禮儀」、樹を大切に使いたいという「心」として行ってきた事と思っております。

家屋のためにも、住む人のためにも「良い木材」は大切な要素と考えておりますので、
設計と併せて、樹の伐採からできる体制でおります。

来年早々の新月直前にも、伐採を行います。

家屋建立において樹の伐採から立ち会えることは、とても素晴らしい経験と思います。
このような試みが、さらに全国に広がっていく事を祈ります。


a0131025_1405965.jpg

a0131025_13593929.jpg

山の勾配や搬出の条件に見合ったので、「谷側」に倒した。



a0131025_1404743.jpg

年輪を数える
a0131025_1402473.jpg

トレーサビリティを確保するために「伐採場所、伐採時期、倒方向、伐採者、現認者、樹種、樹齢、長さ、太さなど」を記録する



a0131025_1401121.jpg

倒したときの「勾配」も記録する。



a0131025_1403686.jpg

夕日と山々



a0131025_1482381.jpg

朝日があたった山々
[PR]
by fuwahiroshi | 2015-12-22 14:41 | フィールドワーク
伝統構法:構造見学会のご案内

先日、上棟しました家屋の構造見学会を行います。

東京都世田谷区に、東京の職人達と、東京多摩産の木を使って、
伝統木造家屋の工事の進行中です。

1)大工による手刻み&手加工
2)渡りあご構法
3)貫構法
4)梁の継手=追掛け大栓
5)軒は深く、軒裏は木現し
6)漆喰の真壁
7)無垢床材
8)木製建具&格子

下に添付しましたご案内の通りご希望の方はご連絡を戴ければ現場住所をお知らせいたします。

a0131025_1446481.png

[PR]
by fuwahiroshi | 2015-10-13 14:47 | 作品
成城の家:上棟祭祀
東京多摩産の木材を使って、東京の大工達(株式会社 健組)と伝統木構法の家屋の上棟を行いました。木の特性を活かした家屋は美しく清々しいものです。

我々日本人の多くは日本国に生まれながら、なぜ伝統木造の家屋に住まないのだろうか・・・、
他の構法と比べて高いというのであれば工夫して小さい家屋にし、庭を大きくしても良いのではないだろうか・・・
人間が歳を重ねるにつれて落ち着ける家屋のほうが幸せなのではないか・・・と想う。

小生も遠回りをしましたが、この道に巡り会えたことを有難く思っております。


1)大工による手刻み&手加工
2)渡りあご構法
3)貫構法、長ホゾ込栓
4)梁の継手=追掛け大栓
5)軒裏は木現し
6)漆喰の真壁
7)無垢床材
8)木製建具&格子


a0131025_13345368.jpg

上棟式祭壇。



a0131025_13275054.jpg

貫が水平に走る。応力を分散する先人の智慧。



a0131025_13281021.jpg

角柱は、6寸柱。




a0131025_13293265.jpg

通し貫の継手。柱の中でかむように刻んでいます。




a0131025_13295543.jpg

お天気に恵まれました。




a0131025_13301027.jpg

渡り顎。長ほぞ込み栓。




a0131025_13303522.jpg

梁の継手。
追っ掛け大栓。




a0131025_13305624.jpg

空に映えます。





a0131025_13311145.jpg

棟木を納めております。




a0131025_13313974.jpg

上棟いたしました。
清々しいものです。この機会に逢い奉ることを慶びます。ありがとうございます。
[PR]
by fuwahiroshi | 2015-09-19 20:21 | 作品
もうすぐ完成・・・


今年、当事務所で手掛けてきた日本家屋が、
ほぼ完成・・・。
中庭、坪庭の完成が待ち遠しいです。

一通りの完成を迎えるのは、
冬が訪れる前でしょうか・・・


我々のご先祖様達が
長年かけて、最適化を図ってきた
日本の伝統構法の家屋ほど
清々しい家屋はないと思います。



祭祀民族ならではの
国民が幸せになる生活の知恵もいっぱい詰まっています。



施主のみならず、当事務所も
漸く、この機に巡り会えたことを慶ぶ・・・



当たり前のことが当たり前になるよう、
努力して参りたいと思います。








a0131025_13371081.jpeg

東の庭から居間をみる
奥に西の坪庭が見える









a0131025_13384942.jpeg

                                   一本脚の掘りごたつ












a0131025_13342368.jpeg
階段
ガラス瓦でできたトップライトの光が
左官の壁を廻る









a0131025_21014380.jpg

トイレにある唯一の窓
陰影礼賛・・・
庭を臨む・・・












a0131025_21070695.jpg
「2畳+一尺の板の間」の和室。
ご主人が「素」に戻る間。
床柱は、末口50φの北山杉の磨き丸太。











a0131025_21055615.jpg

日本間の天井











a0131025_13384075.jpeg
床柱は、末口50φの北山杉の磨き丸太。
錆び竹との相性も良かった。















a0131025_21053602.jpg
玄関の飾り棚
杉板を加工












a0131025_12315883.jpg

東南からの外観














a0131025_12324112.jpg

北西からの外観













a0131025_21064895.jpg

これから作庭予定の西の坪庭












a0131025_21041193.jpg

玄関













a0131025_12345648.jpg

玄関の足元













a0131025_11181617.jpeg

ガラス瓦のトップライト。













a0131025_11184647.jpeg

一文字瓦、美しいです。






[PR]
by fuwahiroshi | 2014-11-03 21:28 | 作品