タグ:作品 ( 75 ) タグの人気記事

 

漆喰塗りのワークショップ

本日、現在工事中の現場で
お施主さんのお友達限定の
「漆喰塗り」ワークショップを行いました。

講師は、おなじみ、大森基伊さん。
素人の方でも塗りやすい様に、材料を調合してくれました。

本当に面白い楽しい仲間達と賑やかな壁塗ワークショップ。
壁を塗りながら会話が弾んでました!

お施主さんの締めの言葉・・・
  『家が出来上がる前に、みんなとのいい想い出ができました。
                これからも宜しくお願いします』

ああ、面白かった!
有り難う御座居ました!

a0131025_23382377.jpg

[PR]

by fuwahiroshi | 2012-04-21 23:39 | 作品  

生活:ひなたぼっこ(その一)

一年の中で、何日か、
ひなたぼっこが、ほどよく気持ちがいい日がある・・・・

お茶でも飲みながら、読書、
庭いじりの休憩に、
家族やご近所さん、友人との語り場として、腰掛けて、ひなたぼっこ・・・


さて、
そんな「ひととき」をを実現する「濡れ縁」をつくる時、
この材料はくさりにくいから良い、といって材料を選ぶでしょう。

ところが、
施工方法がもっとも大切・・・
なぜなら、材料に打ち込んだビスのところに、雨水が溜まり、そこから材料が腐っていく。
つまり
くさりにく材料を使っても、材料の頭から、釘やビスを打ち込んでしまっては、台無し・・・



最近、
設計・大工工事・家具工事を行った
「K邸(仮称)」では、ここについても工夫をしております。



濡縁全景
(柿渋を塗布しております)
a0131025_12353831.jpg

a0131025_12363251.jpg

a0131025_12375373.jpg




釘やビスを表には使わずに、裏で細工をしてありますので、表情もすっきりします。
a0131025_12371526.jpg



数年に一度、柿渋を塗り直して、お手入れをすると、
選ばれた材料の耐久性を活かせるでしょう。
[PR]

by fuwahiroshi | 2012-04-10 12:44 | 作品  

生活:玄関(お客さま用)(その一)・・・


玄関(お客さま用)では、わざわざ足を運んでいただいた旅人を
やさしく、温かく、お迎えしたいものです・・・


最近、
設計・大工工事・家具工事を行った
「K邸(仮称)」では、ここについても工夫をしております。


日が沢山はいって、明るく、
ゆったりとした感触、
温かい感触・・・

ちょっとした「ニッチ」があるとお迎えする側の気持ちを表現できたりもしますね・・・・


よーこそ、いらっしゃい
a0131025_2052293.jpg



ニッチ
a0131025_2082421.jpg



玄関
a0131025_2084080.jpg



玄関床
(石と石の間が少し開いたほうが、やさしい表情になった)
a0131025_20114124.jpg

a0131025_2333878.jpg



傘かけ
a0131025_2013254.jpg

(柱に差している)
a0131025_22181452.jpg

a0131025_2220233.jpg



夕方の雰囲気
[PR]

by fuwahiroshi | 2012-04-07 22:43 | 作品  

生活:使い勝手よく収納(その1)・・・

生活では、使い勝手よく収納したい場面があります。

とくに
台所では、使い勝手よく収納したいものが、沢山あります。

食材
おやつ
コップ
食器
エプロン
その他もろもろ


最近、
設計・大工工事・家具工事を行った
「K邸(仮称)」での一例をご紹介いたします。

収納する「お気に入りのもの」に合わせてこしらえると、
いいですね。

その他の、収納については、また追ってご紹介いたします。




台所の瓶棚の全景
a0131025_19334892.jpg


コップなど
a0131025_19344160.jpg


ビン(場所が勝手口の近くなのでインターホンも内蔵)
a0131025_1935131.jpg


ビン(勝手口や廊下に近いので、スイッチやコンセントも内蔵)
a0131025_1936849.jpg


いつも使うお気に入りの「ビン」やコップの大きさが決まっていると
収納棚もすっきり見えるようにつくれます。
[PR]

by fuwahiroshi | 2012-04-06 21:57 | 作品  

生活:お手洗い(その二)

お手洗いは、清潔さも大切で、
      ほっとすることも大切と思う。


そういうことですので、
「K邸(仮称)」ではペーパーホルダーもつくってみました・・・

竹には「節」がありますので、その「節」を活用して、
ぎゅっと、
トイレットペーパーが固定されます。

荏胡麻油を塗布し、その上にミツロウを擦り込みました。


正面から
a0131025_19414671.jpg


斜めから
a0131025_19433846.jpg


竹を穴に差します
a0131025_1944534.jpg


竹が芯になります
a0131025_19452442.jpg


竹の節がぎゅっとなって、しっかり固定できました
a0131025_1946736.jpg


斜めから
a0131025_19433846.jpg

[PR]

by fuwahiroshi | 2012-04-05 18:43 | 作品  

生活:お手洗い(その一)

お手洗いは、掃除しやすさ、清潔さが大切・・・
      ほっとすることも大切・・・

最近、
設計・大工工事・家具工事を行った
「K邸(仮称)」での一例をご紹介いたします。




1階のお手洗い
a0131025_19495187.jpg


1階のお手洗い(お客さま用)
a0131025_19515799.jpg


1階のお手洗いの掃除用具(お客さま用)
床に物を置かないので、床を掃除しやすく、清潔に保てる
a0131025_1952387.jpg


2階のお手洗い
a0131025_19501853.jpg


2階のお手洗いの手洗い
a0131025_1950454.jpg


木部には荏油を塗布することで、床掃除がしやすい。
木や竹を使い、清潔で、空気のよい、ほっとする「お手洗い」をつくる事ができたと思う。
[PR]

by fuwahiroshi | 2012-04-04 18:25 | 作品  

生活:階をつなぐ・・・

家屋のなかを、階段さんが立体的につなぐ。

階段さんは、
家屋の中の景色に新鮮さをもたらす愉しいものでもあります。

昼間は、明るい階段にするのも大切です・・・


最近、
設計・大工工事・家具工事を行った
「K邸(仮称)」での一例をご紹介いたします。



階段から庭を見る
a0131025_19581713.jpg


階段からペレットストーブを見る
a0131025_195944.jpg


階段から、ほうきの壁をみる
a0131025_19594232.jpg


階段の手摺(下から)
a0131025_2002177.jpg


階段の手摺(上から)
a0131025_2004695.jpg


階段上部には、
解体中に出て来た古建具を使い、明るくしました。
a0131025_18233492.jpg


階段上のニッチと猫のとびら
a0131025_1918942.jpg

a0131025_19182448.jpg


夕刻から、
フットライトがほんのり照らす
[PR]

by fuwahiroshi | 2012-04-03 15:20 | 作品  

生活:明かり・・・

ぽっとした明かりが、生活をほっとさせる

今回は、お施主さまのお母様の京都にあるご実家が解体される際、
救出してきたものたちに加え、個性ある、やさしい照明器具たちが、
生活を,あたためる・・・・

廊下の照明(京都から)
(電球はLED:白熱球タイプ:2W)
a0131025_2322381.jpg



台所の照明
a0131025_2323994.jpg


食卓の照明(京都から)

勝手口の照明
(電球はLED:白熱球タイプ:2W)
a0131025_2324643.jpg


電話台の照明
a0131025_2324289.jpg


多目的室の照明
a0131025_23284690.jpg


コルクボードの照明

裸電球の照明

ひもスイッチ付きの照明

お客さま部屋の照明

玄関の照明(京都から)
[PR]

by fuwahiroshi | 2012-04-02 23:29 | 作品  

生活:再利用(その一:古建具)

再利用されて、また輝きを取り戻すものたちも居る


こちらの古建具さんたちは、
お施主様のお母様の京都にあるご実家が解体されたときに救出されたものたち・・・
さあ、京間だし、どう活かすか・・・
a0131025_2331255.jpg

a0131025_2342359.jpg


勝手口の欄間になりました。
a0131025_2353083.jpg


障子を4枚組み合わせて、風通しの良い引戸になりました。
a0131025_2361748.jpg


上下に木を足して、廊下と勝手口の間の引戸になりました。
(京都では、元々は開き戸でした)
a0131025_2372654.jpg


こちらも上下左右に木を足して、トイレの引戸になりました。
(京都では、元々は開き戸でした)
a0131025_2393875.jpg


食卓の押し開き窓になりました。
a0131025_23105256.jpg

[PR]

by fuwahiroshi | 2012-04-02 23:11 | 作品  

生活:火を焚く、暖を取る・・・

生活の中で、火を焚いて、暖をとりたい季節、天気、時間帯がある・・・

春秋の朝夕
春秋の雨風曇りの日
真冬

火を焚いて、そして、無駄にしない工夫を、
「K邸(仮称)」では、行っている。



火を焚く、ペレットストーブ
このペレットストーブは、世界で唯一電源を必要としない、手作りのストーブ・・・
a0131025_22385365.jpg


ペレット
a0131025_22391531.jpg


この「ぜんまい」をくるくる巻くと、一定の量のペレットが燃焼する
a0131025_2240868.jpg


ストーブの横には、ストーブ道具がセットしてある
a0131025_22404476.jpg


こちらは、初の試み・・・
ストーブの火をつかって、床暖房。
ストーブ内に配管を這わせ、循環する。
ガス給湯器とハイブリッド。
a0131025_22423944.jpg


銅管を使い、低温水式の床暖房(無垢のフローリング材が使える)
床には、コルクの断熱材に加え、リサイクル羊毛を使用した断熱材(熱抵抗値:3.5㎡k/w)
a0131025_22533973.jpg


食卓のベンチ


このベンチの中に、お湯の循環するポンプと熱交換器を納めているので、
お尻があたたかい・・・
穴が開いていて、ふくらはぎもあたたかい・・・




焚いた火を無駄にしない様に、断熱もしっかり・・・

天井は、羊毛断熱材を200mm(熱抵抗値:5.41㎡k/w)


もみがらの断熱材が見える窓(TRUTH WINDOW)

壁には、リサイクル羊毛が混合された羊毛断熱材(熱抵抗値:2.7㎡k/w)

そして、木建具は、ペアガラス。
[PR]

by fuwahiroshi | 2012-04-02 22:59 | 作品