太陽と月と星と地球とともに...
by fuwahiroshi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ご挨拶、はじめまして
アトリエ紹介
作品
素材
フィールドワーク
想々
メディア情報
家具
未分類
以前の記事
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:左官 ( 23 ) タグの人気記事
左官でつくる家具

左官で家具を造りました。

造ってみたあとに思いましたが、「左官を取り入れた家具」はありそうで、ないですね。

空間のコンプレッションがかかって、落ち着きます。
a0131025_19334632.jpg

[PR]
by fuwahiroshi | 2016-08-27 19:33 | 作品
左官:時事刻々といざなう・・・
a0131025_2553741.jpg



刻々と移り変わる季節・気候・太陽と月明かり・・・。
刻々と移り変わる光と湿気・・・。

それらを目から感じとるのに、庭はもちろんですが、左官もいい・・・。



左官は「光の表現」です。
光の内包する「やわらかさ・あたたかさ・さわやかさなど」を表現します。



左官は「色気の表現」です。
湿度感、触感、空気感・・・
その質感は五感で一番敏感な「肌感覚」に直接訴えかけてきます。




季節ごと・天候ごと・太陽と月の運行で、その光と色気と湿気が「時事刻々」と変化します。
刹那的であるがゆえに、左官は「美意識の世界へといざなう」。
理屈を超えた世界であります。
なにもしなければ、ただただ減っていく時間の中、この世界を堪能するのとしないのでは雲泥の差があります。


今、施工中の現場と最近竣工した現場の左官写真です。




a0131025_255255.jpg





a0131025_12354766.jpg





a0131025_2552264.jpg




a0131025_12415878.png




a0131025_1245733.jpg




a0131025_12452362.jpg




a0131025_12585425.jpg




a0131025_1301288.jpg




a0131025_1311220.jpg




a0131025_1325246.png

[PR]
by fuwahiroshi | 2016-03-25 02:59 | 作品
完成。マンションリフォーム:内外の中間を。



お住まいの方が、お引越し後、
インテリアで遊んで
内と外の中間領域を楽しめるように
室内に土間をご提案させていただきました。

どのように住まわれるか、
楽しみです。

当事務所で設計施工(平成26年夏)



a0131025_13084452.jpg












a0131025_13094004.jpg












a0131025_13114257.jpg












a0131025_13145042.jpg










a0131025_13260442.jpg













a0131025_13225619.jpg







a0131025_13240256.jpg










a0131025_13451334.jpg













a0131025_13215050.jpg









[PR]
by fuwahiroshi | 2014-10-31 13:33 | 作品
hair set salon・・・ open!!!

新たなコンセプト「ブローのみ」のサロンが日本でオープンしました。
港区広尾にあります。
ヘッドスパ、リンパマッサージなどもあります。

スキルも高く、気軽なお店&スタッフなので、女性に嬉しいお店の登場と思います。



当事務所で設計施工(平成26年夏)


詳しくは、

『facebook』
https://www.facebook.com/jetsettokyo

『ELLE online blog』
http://blogs.elle.co.jp/abi/2014/10/quick-beauty-stop/

『公式webサイト』
http://www.jetset-salon.com



a0131025_19104844.jpg











a0131025_19380639.jpg



















a0131025_19104386.jpg











a0131025_19120236.jpg











a0131025_19105906.jpg











a0131025_19123971.jpg









a0131025_11060509.jpg










水硬性石灰の水持ちの良さもあり、こういった搔き出しの壁が可能になります。
もみがらからと石灰を混ぜることにより、この様な生地の色がでます。
ほうじ茶を濃く煮出して、着色。

a0131025_19262763.jpg










a0131025_11080102.jpg



[PR]
by fuwahiroshi | 2014-10-28 19:31 | 作品
T邸:タデラクトの洗面所&お風呂場
今年、設計施工した「T邸(タナカダファミリア:建て主のご命名)」の
洗面所とお風呂場の写真をアップします。

(その他の写真も、いずれアップしたいと思います)


今回は、当事務所と同様、タデラクトを用いております。
(過去ブログ、参照)
http://fuwahirosi.exblog.jp/8517596/
http://fuwahirosi.exblog.jp/8659628/


タデラクトは、石灰を、石で磨いて、撥水性のある下地をつくる工法です。
鋭角な入隅部は、石で磨きにくく、経年で、汚れやすくなります。

ですので、
浴室の床と壁の取り合い部分の入隅部分にRをつけて、
石が良く当たる様にし、滑らかにしております。


壁の窓以外に、トップライトも設けてますので、
自然光が入り,素材の持つ表情がよくでるようになりました。
a0131025_1428165.jpg


洗面台と浴槽と洗い場の一体感が出て、裸になる場所として、最適な感じが出てるかと思います。
a0131025_14282565.jpg


脱衣所の床は、吸湿性の高い左官材を用いた「土間」にしております。
a0131025_14283696.jpg

[PR]
by fuwahiroshi | 2012-12-22 14:37 | 作品
雑誌掲載:「素住-susu- 2012年 no.15」

a0131025_11553059.jpg


「素住-SUSU- 2012 no.15」
の素材ページに、当事務所で用いる左官材が掲載されました。


左官壁は、
  時間帯、季節によって
        表情を変え、
          暮らしを彩り
            暮らしを包む・・・

人肌に合う飽きのこない存在ですね。

粉ものですので、
配合は無限で、奥の深い世界がそこにはあるからでしょう。

たのしいものです。

一歩、ふみこんでみませんか?
[PR]
by fuwahiroshi | 2012-10-22 11:55 | メディア情報
「空気のやわらかさ、まろやかさ」:温感よりも触感が優先・・・

最近、設計して完成しつつある住宅に何度か出入りさせていただいて学んだ感覚について。

 それは、「空気が温かい」こと以上に、
 その家の中の「空気が柔らかい」ことの大切さ、そして何より心地よさ。
 あらためて、皮膚は「温感」よりも「触感」が優れている事を実感した。

その「空気のやわらかさ、まろやかさ」がどこからくるのか、さらによく感じてみた。


 ●火を焚いて暖をとっていること

 ●土と漆喰の厚い左官壁であること

 ●床が30mm以上の杉材など、もしくは畳であること

 ●地面をコンクリートで覆わないこと


 高断熱で温かいということも大切かも知れないが、
 もっと有意義である「人生を豊かにする感性を磨く家」になってもらうには、
 少なくとも以上の要点が欠かせない。


日本家屋の良さは、
「家屋の中に居るのに外を感じること」であると思っているが、
そう言い切るためには、
その家屋の中に「柔らかい空気、まろやかな空気」のあることが条件と言える。
[PR]
by fuwahiroshi | 2012-01-22 19:25 | 作品
土壁塗ワークショップ:その後・・・
10月31日に行われたワークショップのその後です。

おかげさまで、
順調に乾燥が進み、

「厚みをしっかり感じる壁」になりました・・・

「手仕事の柔らかさを感じる壁」になりました・・・

a0131025_1650373.jpg

a0131025_16501979.jpg

a0131025_16503732.jpg

a0131025_16511911.jpg

a0131025_1651157.jpg

[PR]
by fuwahiroshi | 2011-11-10 16:03 | 作品
ワークショップ当日
10月30日(日)に「新月伐採の木舞下地に発酵した土を塗る」ワークショップが
無事開催され、滞りなく終了した。

参加者は、お手伝いの職人を含めると、なんと43名!
本当に本当に多くの参加者に感謝しております!


作業終了後の交流会では、
木暮人倶楽部の池田氏から、
新月伐採の木についての最新の情報や、新月摘みのお茶と満月摘みのお茶の飲み比べや
また、
土の発酵のスペシャリストの中村金四郎氏からは、土の発酵についてのお話をそれぞれの
専門の立場からお話をいただきました。

また、仙川にある自然食品屋さんの「納々屋」さんにはスープをこしらえていただき、
また、bungpangのぶんぶんさんa.k.aしのぶさんには、お昼休みに参加者が手を加えた
天然酵母のパンを焼いていただき美味しくいただきました。
ありがとうございました!

左官講師の大森基伊さんはじめ、惜しみなく手を貸していただいた職人の皆様、
この場をお借りし、あらためて御礼申し上げます。

交流会にて、参加者みなさんの自己紹介をしていただく前から、
土団子をこしらえながら各参加者が打ち解けあっている様子を多々目にしましたので、
良い交流の場になっていただけたのであれば、幸いです。

皆様、有り難う御座居ました。



a0131025_18415970.jpg

a0131025_18423622.jpg

a0131025_1843362.jpg

a0131025_1843287.jpg

a0131025_195922.jpg

a0131025_1952476.jpg

a0131025_18435187.jpg

a0131025_18442053.jpg

a0131025_1845558.jpg

a0131025_18452829.jpg

a0131025_18454257.jpg

a0131025_1846129.jpg

[PR]
by fuwahiroshi | 2011-10-31 18:57 | フィールドワーク
新月の木舞

小舞はもともと、木舞であったそう・・・


新月伐採された杉材で、木舞(こまい)を組み終わった。

ワークショップでは、この木舞に発酵させた土をくい込ませて壁をつくる

a0131025_1746239.jpg

木ずりにはテーパーをかけてある

a0131025_17464487.jpg


a0131025_17472031.jpg

[PR]
by fuwahiroshi | 2011-10-26 17:43 | フィールドワーク