太陽と月と星と地球とともに...
by fuwahiroshi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ご挨拶、はじめまして
アトリエ紹介
作品
素材
フィールドワーク
想々
メディア情報
家具
未分類
以前の記事
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:想々 ( 64 ) タグの人気記事
「管見(其の三):“新生”国立競技場について(工事過程編)」
 






         管見(其の三):工事過程編 “見せて魅せる”
                    




    
           
        不破博志一級建築士事務所 東京都知事登録 第54998号
             一級建築士 不破博志 大臣登録 第331569号







         『“新生”国立競技場:見せて魅せる工事過程』


「見せて魅せる」とは『シンプルなものは造る過程も美しいということ』であります。

東京タワー、スカイツリーなどは必然的にそのような「見せて魅せる」という工事過程を通りましたが、今回あえて「見せて魅せる」を提言するのは、お迎えする立場の我が国民が一丸となりやすいだけでなく、海外から見ても、我が国民が一丸となっていることを感じていただけると考えるからです。


まずは、観客席および屋根をイメージして申し上げますと、我が国の「見せて魅せる」は構造美からのアプローチとなる為、自ずと目が洗われるデザインとなり、伝統木構造にみられる「構造即意匠という我が国の建築美」の新たな1ページを開いていく気概が産まれるはずであります。

次に「レガシー(遺産)となる部分」の「見せて魅せる」についてもご提案させていただきます。
アスリートのアプローチと聖火台は、管見(其の二)でも記した通り、この競技場デザインの「背骨」であり、「遺産」として、永代に渡って遺す(のこす)部分であります。
そのため、保存修復が可能な事が証明されている我が国の伝統構法を基本に据えております。

①アスリートのアプローチは、石積み・石垣が良いと考えております。
神宮の森が競技場に吸込まれる部分でもありますので、神宮の森と相性の良い伝統工法として、石積み・石垣を提案します。
石積み工事中、職人には法被(はっぴ)を着ていただき、石を積んでいる様子や進捗具合をメディアや現場で披露することができますと、現場が活気づくと考えます。


②聖火台を支える部分は、伝統木構造が良いと考えます。
伝統木構造の聖火台は、おそらく史上最高の部類に入る高さとなりますので
「先人の智慧と現代の技術力の詰まった日本の伝統木構造」となり、日本人にとっても新しい挑戦となると考えます。
上棟の様子を映像配信も含め可視化します。最先端の伝統木構造に支えられて「燃えあがる聖火」をみる日が待ち遠しくなる方が増えることが期待できると存じます。




● 結び

再コンペの「業務要求水準書」を見ますと、国交省の技術提案入札ですので、今回の提案書作成の主題は、デザインよりも、工期・予算であります。時間的制限も加味しますと、現実的には、点数獲得の為の提案書作成に習熟し、常に高得点を出して多くの案件を受注している大手ゼネコンが絶対の中心軸です。ですので、もしも有名建築家と協働の場合「そのビッグネームとなるべくお金のかからない表層のデザインだけ」を求めることになってしまうのかも知れませんが、我が国らしさのある賢明な案がでることを切に願います。

そもそも「胸を張る」展開ではありませんが、少なくとも我が国民が「気を張る」展開、そして自然と国民世論からの後押しがうまれる展開を産む事業となることを切に願います。




最後までご高覧いただきましたこと、御礼申し上げます。
稚拙で不躾な文章はお許しくださいますと幸いです。
有難う御座いました。
                                 
[PR]
by fuwahiroshi | 2015-09-02 21:04 | 想々
「管見(其の二):“新生”国立競技場について(デザイン編)」
 




                                


   「管見(其の二):デザイン編 “遺し方(のこしかた)のデザイン”」

  





         不破博志一級建築士事務所 東京都知事登録 第54998号
              一級建築士 不破博志 大臣登録 第331569号

 





      『“新生”国立競技場 :“レガシー(遺産)へのデザイン論”』


「管見(其の二)“遺し方(のこしかた)のデザイン”」は
「遺す(のこす)部分とその時代時代に委ねる部分とを立て分けて考える」というデザイン論です。


まず、
「奉納の精神」を形にした部分を「レガシー(遺産)」とし、「奉納の精神」を形にするために「聖火台とアスリートのアプローチの関係性と方角」に着目いたしました。
a0131025_14512163.png

神宮の森が吸込まれるように競技場の中へと入っていく、まるで「参道」のような佇まいの「アプローチ」を設けます。神宮の森と一体となったこのアプローチを通り、アスリートは聖火台(真北)へ向かって競技場に入っていきます。

このアスリートのアプローチの空間は「石垣・石積み」で造り、そして、その先にある聖火台は「伝統木構造」で造ります。共に修復保存が可能な伝統構法であります。
     
将来、訪れる国立競技場再建の際、このアプローチ部分と聖火台は、保存修復し、観客席部分はその時代のデザイン・技術力で、再建するという案です。   
遺す(のこす)部分と、その時代時代に委ねる部分を考えておく。
この方法論で、国立競技場を「五輪のレガシー(遺産)」とすることができます。 
a0131025_14503532.png

▲ 概念説明図
a0131025_14501455.png

▲観客席部分を浮かせた概念説明図
a0131025_14494437.png

▲ 断面概念図 (アスリートのアプローチと聖火台の関係がわかります。マラソン選手も神宮の森を抜けて、吸込まれるように競技場の中へと入っていきます
次に、聖火台の方角をアスリートのアプローチからみて「真北」にする根拠を説明いたします。

我が国では、地が受け留める天の磁氣の発生源のことを「北辰」と名付け、「北極星」を北辰の神座と拝し奉ります。ですので、神棚もこの方角にお祀りいたし、地鎮祭・上棟祭・落成祭の際も「真北」を向いて祭祀をいたします。明治神宮も「真北」に向かってご参拝いたします。
そして、地球から見て「唯一」動かない星が北極星でありますので、「世界が一つになるスポーツの祭典・聖地」に相応しい方角の決定概念であると考えます。
方角については諸説ありますが、「真北」だけは絶対であるのが、地球であります。

真北に聖火台を置く。そしてそこに向かってアスリートが競技場内へアプローチするという考え方は、我が国らしくもあり、世界の人々にとっても共感が持てる考え方であると言えます。
この配置を持つ競技場とすることは、アスリート達にとって、集中力を高め、平常心で力を充実させる競技場の要素として欠かせないと考えます。

また、我が国での体育祭・文化祭などは日頃の成果を奉納する「お祭り」であったのと同じように、古代オリンピックの起源も日々の鍛錬の成果を神々に「奉納する」ところでありました。
つまり、世界各国から見ても、この競技場の用途が「奉納の場所」であることについては違和感がなく、そもそもアスリートの価値を高める概念であると考えます。

「遊びの精神」からはじまったラグビーやサッカー等のスポーツも、この競技場で行う時は「奉納の精神」の域まで達する競技場となって欲しいと考えます。
陸上競技に限らず「新たなスポーツの聖地」となって欲しいとの願いも込めております。
「決勝戦は国立競技場でやりたい」とアスリートが思う国立競技場になることが肝心であり、
そうなることで観客も、心と体をよせやすい競技場となることを願います。

●結び
「アスリートと聖火台を結ぶ道」は、人間で言えば「背骨」に当たります。
背骨のない人間は居りません。
建物も人間と同じで、「背骨」があると息づきます。
将来、建て替えの話が出たとき、「背骨」は残して「肉体」はその時代の鍛え上げたものを建設することとします。つまり、いつの時代も「背骨」は残ったままとなりますので、その他の部分がどんなデザインでも我が国らしい息づきのある競技場となります。
これが「遺し方(のこしかた)デザイン論」です。

このように“新生”国立競技場に必要なのは
次の世代で、今回の様に議論が迷走しないように御先祖様も含めたあらゆる世代も誇れる概念を備えることであり、その結果、海外から見ても日本の「バックボーンに触れることのできる競技場」であることと考えます。



『ものづくり』と『教育』が一体化していくことこそ、我が国の「本学末学一体」の姿であります。














                                       
[PR]
by fuwahiroshi | 2015-08-08 21:21 | 作品
管見(其の一):“新生”国立競技場について(概念編)
 





     「管見(其の一):概念編:レガシー(遺産)となるためには 」







         不破博志一級建築士事務所 東京都知事登録 第54998号
              一級建築士 不破博志 大臣登録 第331569号

 
 


                                

   『“新生”国立競技場:レガシー(遺産)となる競技場に相応しい概念』
 


国民は、特に若い人は、国際的な評価を意識した「表層の美しさだけ・奇抜さだけ・斬新さだけ」を競うコンペに興ざめしております。
どんなに素晴らしい競技場が出来たとしても、国がバラバラになってしまっては本末転倒であり、東北初め全国の被災地の新生に尽力されております方々にとっても「こころをよせやすいもの」であることが大切と考えます。
そもそも民間ではなく、国立の施設であります。

そこで、誠に僭越ではありますが、
“新”国立競技場 ならぬ “新生”国立競技場に向けた「概念」をご進言させていただきます。



● 提言
「レガシー(遺産)となる競技場に相応しい概念」


「高貴な概念を立てあえて質素にこしらえる美意識」のことを国語で「やつす」「やつし」と申します。おもてなしの精神がある茶道などにも通ずる我が国に脈打つ「美意識の真髄」です。 

そこでまず、“新生”国立競技場は、由緒ある神宮の外苑にちなんで、日本と世界の人々の鍛錬および精進を「奉納する競技場」とするという概念を立てるのが良いと考えます。
  
「奉納の精神」に焦点を当てることは、アスリートの価値を高めるだけでなく、日本と世界の子供たちにとって教育的意義もあり、スポーツの祭典・聖地にふさわしいと考えます。そもそもオリンピックの起源も「奉納の場」であったと云われております。

この「概念」は「心」をよせやすいため、建築にした場合「体」もよせやすいものとなり、アスリートおよび国民に大切にされる施設として息づくと考えます。

上記は、新国立競技場が五輪のレガシー(遺産)となるために備えるべき基本概念と考えます。 
                




※ 建築家として「建てるならばこう考える」と提案する立場であります。ご指導ご鞭撻ご批判お叱りをいただきたく存じます。









                                  
[PR]
by fuwahiroshi | 2015-07-21 00:06 | 作品
奉納即至誠

元々、オリンピックは、
人間の肉体的鍛錬の成果を神々へ「奉納」するところにあったという。

日本でも、学校で行う「文化祭、体育祭、音楽発表会」なども、
少し前までは、よちよち歩きだった子供たちの日頃の努力の成果を「奉納」するところからはじまっている。

「学術発表会」もそうであった。
「一生懸命、研究・勉強したらこんなことが分かりました。お聞きください」
という奉納であった。


何事にも他との競争という一面もあるが、
同時に「奉納」という一面をもつことが、個々に必要なのかもしれない。

遊び・仕事のなかで切磋琢磨する中で、
この「奉納」の一面を取り戻すことで、「至誠」を自然に取り戻すのだ、と想々・・・
[PR]
by fuwahiroshi | 2015-07-09 22:59 | 想々
恐ろしい世界

現在、手掛けている住宅の上棟式の際、
施主の父で、昭和12年生まれのお方にお会いした。
御年78歳である。

興味本位で、今の日本の現状についての感想をお尋ねすると

一言、「恐ろしい・・・」

といいますと・・・
と質問を続けると、

「昔は、手を使って一生懸命、これをこう作ったら人がどう喜んでくれるかなあ、
なんて考えながらやっていたが、今はほとんど、機械でつくってしまうんだろ・・・、恐ろしいよ」

はっとした。

小生達も、手を使って一生懸命、喜んでもらえるか、楽しんでもらえるかを考えながら、
つくっているが、そうでない人のことを
              「恐ろしい」
                とまでは思ったことはなかった・・・。

人はだいたい80年くらいで生まれ変わるとお聞きしますが
生まれ変わってやってきた世界が、「恐ろしい世界」にならぬよう、
仕事をしたいと想々・・・。
[PR]
by fuwahiroshi | 2015-07-09 22:43 | 想々
想々:余裕を持って、家を建てるということ・・・。


   庭は小さくてもよい。
   庭から考えることで、
   街に「四季を巡らせること」ができる。

   小物を選ぶということは「感性」を使うこと、
   しつらえに及ぶことで、「遊び」が産まれる。


家屋の設計を進めるとき、
まず、庭から考える。
次に、小物。
そして、しつらえにまで及びたい。
最後にこれらにふさわしい建築を考える。

  ここからまた庭に戻る・・・・。
  そして、小物、しつらえ・・・、そして建築。

家屋計画の際、
この道のりを何周もすることで、
家屋は「遊び」を内包する・・・。

  これも家屋建立の際、
  大切な心得、と想々・・・・。



[PR]
by fuwahiroshi | 2015-05-12 21:31 | 想々
刀匠の姿勢の一端
前述の刀匠と電話で話していたときのこと・・・。

「今、どこですか?」
「東京ですか?」
と尋ねられ、そうですと答えると

「ちょうどそちらに向いて話しております」
とおっしゃられた。

思わず、こちらも、姿勢を正してしまった・・・。

あ〜、こういう方だから
まっすぐなものづくりをするのだなと、納得しました。

400km離れたところで、刀匠がこちらを向いて、電話で話しかけられていると思うと、
不思議な感覚に包まれた。


[PR]
by fuwahiroshi | 2015-02-14 22:57 | 想々
想々:刀匠との一問一答
大変お世話になっている刀匠との一問一答。

小生「刀匠は、研ぎすまされた鋭い物をこしらえているので、常に鋭い感覚で居られるのですか?」

刀匠「わかるかなあ。どちらかというと逆だなあ。無駄に反応しないと言うか、無駄を削ぎ落とすというか、まあ、そういうこと」


どちらかというと、ぼーっとすることだよ、のような返答に、正直、驚いた。


[PR]
by fuwahiroshi | 2015-02-04 23:57 | 想々
想々:刀匠の一言
大変御世話になっている「刀匠」からのアドバイス。

「価値がさがるもんでなくて、価値があがるもんをつくればいい」

価値には

形而上的価値=お金で計算できる価値
形而下的価値=お金で計算できない価値

があるが・・・、と思いましたが、

価値と言ったら、価値だよ、と言われそうで、
それ以上聞けませんでした。



[PR]
by fuwahiroshi | 2015-02-04 23:44 | 想々
想々:無用の者か、それとも・・・。

クラシックカーの世界では、
エンジンや足回りを、技術の高いエンジニア、
ボディー・内装をオートクチュール。
時代を超えて価値を上げている。
時代を越えて大切にされている。


同じように、
家屋の世界でも
フレームは、世界最先端である伝統技術を駆使する日本の大工、
デザイン・内装をオートクチュール。
時代を超えて価値が上がることは明白。
時代を超えて大切にされるであろう。


現代の車で、10年以上大切にされる車は、どれだけあるだろうか・・・。
家屋についても同様で、
国土交通省が出しているデータでは、木造住宅の平均寿命は、30年程度・・・。。


さて、ここからが本論。

伝統構法の建物で100年以上もっている建物をみると
それらは、木の選定、木の組み方、屋根の勾配、軒の出、通風換気、・・・、
天災・四季など、多岐に渡る配慮に溢れるを無数の先人の智慧がつまった建物の構法・構成となっている。
日本が長年かけて、最適化されてきたものを捨てる手はない。
なによりも、伝統文化の中には、国民が幸せになる生活の智慧・先人の心根、がいっぱい詰まっている。

残るから大切にされるのではなく、
大切にされるから、残る・・・。

未来に、「クラシックハウス」としてを大切にしてくれる人達へ・・・。

人々に大切にされて、残ること。
未来、この結果がでれば、建築家の新たな形而上的価値が論じられることになるのかも知れない。

小生、ただの言論人か、無用の者か、それとも・・・。


国土が産む素材、そして肚を据えた職人とともに、
今年も、氣を引き締め、伝統木構法の家屋に取りかかります。


a0131025_23061099.jpg


[PR]
by fuwahiroshi | 2015-02-04 23:14 | 想々