太陽と月と星と地球とともに...
by fuwahiroshi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ご挨拶、はじめまして
アトリエ紹介
作品
素材
フィールドワーク
想々
メディア情報
家具
未分類
以前の記事
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:想々 ( 64 ) タグの人気記事
一日一歩・・・

きっと賛否両論あるのだろうが、

 資本主義という経済システム

 原子力 というエネルギーシステム

共に、後世にしわ寄せがいく危ない設計思想であることは間違いない・・・

そして、
建築も、製品も、その多くが、その思想の中に埋没している。


小生も含め、
各分野の一人一人が、
この設計思想に寄らない人生を一歩踏み出す一日でありますようにと祈る・・・




   毎日同じ様に起きて食べる
          その同じことが微妙に違ってゆくのが人生
[PR]
by fuwahiroshi | 2011-10-02 14:19 | 想々
#01「家相」という「配慮」について一考・・・
 太陽 月 星 の運行の力の中で、人も家屋も、森羅万象はすべて生きている・・・

 太陽 月 星 の運行が時間をつくる・・・


そういう次第で、
       「方位・方角 と 時刻」 が互いに交流しあうことは、否定できない。

     
 太陽 月 星 の力が、家屋に働きかけて「家相」となる。

      「家相」とは、運命の波動のことで、人の吉凶を立て別ける。



建物の性質 を決めるこの「配慮」を信じる直感豊かな民族、日本民族・・・
その血汐は、古代から危険を避ける、そして幸運を招く脳波を遺伝してきた。

人は、
建物の性質 に合う生き方をすることになる。

北向きの家、南向きの家、東向きの家、西向きの家、
それぞれ風や日光が違うので
建物の性質 が違う・・・





さて

やまとことば で

「 ひと の やしき 」

を解くと

「 人の思いや気持ちが強く結ぶところ 」

という意味と聞く・・・


    そういう次第ですので、
        日本古来の「配慮」を取り入れるか否かは、
                    人生のなかで一考に値する・・・・・
[PR]
by fuwahiroshi | 2011-08-22 17:46 | 想々
インタビューの日
本日、来春出版予定の本のインタビューがあった・・・
物を創る若い人の「働き方」「生き方」に触れる本だという。


その中で、インタビュアーが言っていた。

 3.11以前、社会について語っていた建築家達が
 3.11以降、社会について語らなくなった と・・・
 それは、
 建築家達が、建築、そして都市を「外」からのみ語っていたからだと、説いていた・・・




なるほど、と思った。

 建築に限らず、ものは本来、人間の「内、中」から語られ、創られるもの。
 
    まだまだ、吾が身の「内」から、建築の心を想い、
                   息吹の在る建物にしたい・・・

    息は、呼吸は「普通」がいい。
        その「普通」を身の内より、導き出そう・・・

    
 そう、想った・・・





彼の 
豊富な知識、経験、
歴史の流れの中から、客観的に、
小生を捉えていただく、機会に巡り会い、魂に響くいい日だった・・・




インタビュアーは、小生と同じ「博志」という名前の方・・・

自らの名前「博志」のことを

 博徒の「博」
 に
 三国志の「志」と説明していた。



ちなみに小生は
父が大学で博士号を目指していたときに、米国サンフランシスコで授かったので

   「博士を志す」で「博志」となった模様・・・

      吾が母は、英訳で「broad mind」となるので、納得した模様・・・
[PR]
by fuwahiroshi | 2011-08-05 19:38 | メディア情報
『飛庭(とび-にわ)』のある家・・・住む人の世界観を活かす家
  
a0131025_1654721.jpg


   日本人の大人が都会で昔から持ち合わせていた世界観とは・・・・



その世界観の一つが、

 『坪庭(つぼ-にわ)』
 『盆栽(ぼん-さい)』

など、自然を四角く切り取った空間に現れていた・・・



小生は、(2006年竣工の「もみがらの家@成城」にて)
その世界観を、立体的になった現代の都市に持ち込んだものを

 『飛庭(とび-にわ)』

として、表出させた。(下写真)
a0131025_16182375.jpg



「飛庭」は
30センチ×30センチくらいの小さいものでもいいと想う・・・

  
  石っころ一つでもいい、水の入る器でもいい、花一輪でもいい、
  風化していく塊でもいい、鳥のえさ場でもいい、
  住まう人、ご自身の手で創った作品となるのがいい・・・


『飛庭(とび-にわ)』は、住む人それぞれの世界観を活かす事が大切と想う・・・


さて、
 現代の都会の大人は『飛庭(とび-にわ)』に
     どんな世界を展開していくのであろうか・・・


   
現在、狛江市に『飛庭(とび-にわ)』のある家を設計中・・・
[PR]
by fuwahiroshi | 2011-05-30 18:15 | 作品