太陽と月と星と地球とともに...
by fuwahiroshi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ご挨拶、はじめまして
アトリエ紹介
作品
素材
フィールドワーク
想々
メディア情報
家具
未分類
以前の記事
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:自然素材 ( 64 ) タグの人気記事
総括#03:「もみがらハウス」
実際に造ってみて、様々なことがわかった。
今後は、組立てキット化も視野に入れて、まず以下の「3点全て」を満たす改良に取り組んでいく。

1.さらに簡単に組立てられる事
2.さらに精度を高める事
3.さらに安く出来る事

この3点の改良ができたら、次のステップへと進むことにする。
次のステップの詳しい話は、そのときに・・・


a0131025_20535415.jpg

[PR]
by fuwahiroshi | 2009-11-24 20:58 | 想々
総括#01:「もみがらハウス」
『「時間」と「仲間」と「体力」があれば、素人でも「健康で頑丈な家」が造れる』
ということ・・・


さて、
これは、何を意味するのか・・・


今日は、ようやく、そのお話をさせてもらう。


日本は、今や、アメリカを抜いて、個人レベルでは、最も借金の多い国・・・
その最たるものが「住宅ローン」。
そして今、世界経済が大きな変化を迎えている時代・・・
つまり、あらゆるところで仕事の仕方を変えなければならない状況が、せまっている。
そんな中、「住」宅ローンを組めば、仕事に拘束され、その拘束から「職」を変えられず、そのストレスからますます、「医」療に頼る・・・

これが現代の「医・職・住」問題。


その問題を解決していける可能性を見出さなければ、どうなるか・・・
それは想像に違わぬこととなるであろう・・・


今回の「非電化もみがらハウス・プロジェクト」は、その解決策のひとつの選択肢として、
『「時間と仲間と体力」があれば、「素人」でも「健康で素敵の極みの家」を持てる』
ということを示すことも、目標としていた。

誠に多くの方々の参加をいただき、「自分で家を建ててみたいです」という方が沢山いて、大変嬉しく思いました。



a0131025_14194685.jpg
a0131025_14284995.jpg
a0131025_1429074.jpg
a0131025_14291229.jpg

[PR]
by fuwahiroshi | 2009-11-23 20:58 | 想々
11/22:もみがらハウス:ワークショップ#04
本日は、「非電化もみがらハウス」ワークショップ#04を行なった。

ワークショップの内容は、

1.漆喰を塗る
(漆喰は、消石灰・つのまた・しらすさ・白砂等の骨材・水をこねて、つくる)
2.お披露目会
3.講演&交流会(藤村靖之・不破博志)

でした。

左官講師には、左官職人の大森基伊氏に参加いただいた。(w/s#02.03.04共)

今回は合計で、20名の参加をいただきました。
ワークショップ#01から#04までで、累計117名となり、本当にたくさんの方のご参加をいただき、ありがとうございました。


a0131025_13395386.jpg
a0131025_1340664.jpg
a0131025_13402689.jpg
a0131025_13403891.jpg

[PR]
by fuwahiroshi | 2009-11-22 20:42 | 作品
11/8:もみがらハウス:ワークショップ#03
本日は、「非電化もみがらハウス」ワークショップ#03を行なった。

ワークショップの内容は、

1.ワラ菌等で発酵させた「敷地内の土」を手で下塗り(10mm厚)
2.釘を打ち、縄を張る
3.餅つき大会
4.土団子をつくり、壁に手で塗り、コテで押さえる(15mmから20mm厚)
5.日干しレンガ作り
6.講演&交流会(藤村靖之・不破博志・大森基伊)

講師陣には、左官職人の大森基伊氏、土の発酵のスペシャリスト中村金四郎氏、土の空間工房sobatoの高橋慎一郎氏に参加いただきました。

合計で、40名の参加をいただきました。(w/s#01から#03までで、累計97名)
ありがとうございました。


a0131025_2125199.jpg
a0131025_213611.jpg
a0131025_2131873.jpg
a0131025_2132874.jpg
a0131025_003028.jpg
a0131025_9395556.jpg

[PR]
by fuwahiroshi | 2009-11-08 21:04 | 作品
お知らせ:追加のワークショップ#04
現在、那須の非電化工房にて、試作実験中の「非電化もみがらハウス」の追加ワークショップ#04が決まった。

日時:2009年11月22日(日)13時15分頃から19時頃
場所:非電化工房

内容は

1.外壁に塗った土壁の上に、漆喰を左官する
2.非電化もみがらハウスのお披露目会
3.講演&交流会(不破博志・藤村靖之)

ご興味のある方は是非、参加して下さい。

お問い合わせは、

非電化工房
info@hidenka.net

不破博志一級建築士事務所
info@fuwahiroshi.com
まで、お願いします。
a0131025_1859199.jpg

[PR]
by fuwahiroshi | 2009-11-04 19:02 | 作品
11/3:もみがらハウス:ワークショップ#02
本日、非電化工房にて、「非電化もみがらハウス」の第2回ワークショップを行なった。

前日に雪が降り、棟上げ作業が難航する中、ワークショップ当日の朝、講師陣のみならず、大工の狩野貴光氏、大澤氏が、はるばる駆けつけ、棟上げを完了!
御陰様で、無事にワークショップを行なうことができた・・・。

今回のワークショップは、

1.室内のよしず下地の壁に、もみがら石灰の塗り壁材を左官する→講師:大森基伊氏
2.敷地内で、掘り起こした土(関東ローム)に、ワラ菌等を培養した液と、そばなどのタンパク質で作った糊を入れ、足で踏む→講師:中村金四郎氏
3.屋根に使う「すすき」を刈り取り、3センチサイズに束ねる
4.講演&交流会(藤村靖之・不破博志・大森基伊・中村金四郎)

計36名の参加をいただきました。
ありがとうございました。

ワークショップ終了後、今回のプロジェクトの総括&交流会を行なった。

a0131025_1914538.jpg
a0131025_19153344.jpg
a0131025_1916152.jpg
a0131025_19165211.jpg

[PR]
by fuwahiroshi | 2009-11-03 21:44 | 作品
10/31:もみがらハウス:ワークショップ#01
本日、非電化工房にて、「非電化もみがらハウス」ワークショップ第一回を行なった。

今回のワークショップは、
1.水・籾殻・消石灰を混ぜて、雑菌やカビやダニのいない断熱材を作る
2.壁のよしずの間に、石灰籾殻を充填する(90mm厚)
3.床に石灰籾殻を充填する(220mm厚)
4.屋根に石灰籾殻を充填する(180mm厚)
5.壁を組上げる
6.講演&交流会(藤村靖之・不破博志)

計21名の参加をしていただきました。
ありがとうございました。

a0131025_19235259.jpg
a0131025_19242053.jpg
a0131025_23582138.jpg
a0131025_2358364.jpg
a0131025_23584789.jpg

[PR]
by fuwahiroshi | 2009-10-31 18:29 | 作品
「非電化もみがらハウス」新聞掲載
2009年10月14日、朝日新聞の夕刊に「非電化住宅プロジェクト(仮称)」の記事が出た。

このプロジェクトを通して、「家屋」というものに対して、新しい選択肢を与えられば幸いである。

まずは、10月21日からの「非電化もみがらハウスプロジェクト」を皮切りに、つぎつぎ続いていく・・・
乞うご期待。

a0131025_22493971.jpg

[PR]
by fuwahiroshi | 2009-10-15 22:51 | メディア情報
鴨川商店 〜木で結ぶ〜

本日は相談事があって、鴨川商店の 鴨川佳明さん を訪ねた・・・。

鴨川商店は、十分に乾燥させた、選りすぐりの逸品を取り揃え、目利き腕利きの人々の集まっている木材の専門店。
樹齢1000年をも越える長老達が、香りを漂わせてゆったりと横たわっている・・・。

鴨川佳明さんは、本物の材料を使った仕事の最先端の情報も沢山お持ちの方。
建築に関わらず、多くのジャンルの創作家にも大変頼りにされている。

小生が、学生時分から、木のことに関して最もお世話になっている、大変に有難い方である。

ここには現在も貯木場が残って居り、かつての姿をとどめている・・・。

「木」に対する人々の移り変わりを感じとれる、そして歴史を感じとれる空気の流れている場所である。


a0131025_15211934.jpg
a0131025_15212993.jpg
a0131025_15214193.jpg
a0131025_152150100.jpg

[PR]
by fuwahiroshi | 2009-09-09 15:46 | 素材
家具-#01:ダイニングテーブル


先日、自宅用に、ダイニングテーブルを造った・・・。

天然木。
角をまあるくして、肌に優しい感触。
無垢の木の肌触りを残した仕上げ。
天板の裏は、イスやももが当たらない様な造りにしてある。
8人でゆったり食事できるような寸法。


高さ:700mm
幅 :895mm
長さ:1825mm
天板の厚み:40mm
材料:杉の無垢材
塗装:植物性100%の油性塗料
製作:2日

a0131025_1256516.jpg
a0131025_125721.jpg
a0131025_1321788.jpg
a0131025_1310529.jpg

[PR]
by fuwahiroshi | 2009-09-03 13:10 | 家具