人気ブログランキング |

太陽と月と星と地球とともに...
by fuwahiroshi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
ご挨拶、はじめまして
アトリエ紹介
作品
素材
フィールドワーク
想々
メディア情報
家具
未分類
以前の記事
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
管見:庭のある和室という部屋
現在、場末と云われるある一角に「4畳半の和室」施工中です。

どうも現場にいないと心配というか、でも、ただいるだけだと体がうずいてしまう。
で、やはり手を動かしたくなってしまします。

今回は、現場で大工として仕事もさせていただく機会を心より感謝申し上げます。

現場では職人たちとの信頼関係が大切です。
それは一朝一夕とはいきません。
長い時間をかけてここまでこれたのだと思っておりおます。
職人との信頼関係は現場でしか、培われません。
これこそが、もの出来の善し悪しを分けます。


さて
今回の現場の「管見」を記します。




      下写真:施工中の「床柱と床板の納まり」
管見:庭のある和室という部屋_a0131025_23475843.jpg








  「管見:庭のある和室という部屋」




形式からではなく、概念から組立てます


=====================================

1)まず、そもそも「部屋」とはなんでしょうか?

音の響きで読むと
・へ=閉じる 一面があらゆるところへ
・や=強い神力 止まる力
ですので
・へや=「強い神力を閉じること」
と解く事ができます

つまり「部屋」とは
肉体を閉じ込めつつ それでいて精神をどこまでも開放する・・・
そういう芸当が宿る空間のことであります




2)次に、そもそも「和室」とはなんでしょうか?

音の響きで読むと
・わ=心波 むすぶ心 間を取る
・し=凝縮
・つ=星 細胞 起点
ですので
・わしつ=「むすぶ心が凝縮する起点」
と解く事ができます

つまり「和室」とは、
人と人の心を結ぶ一点が凝縮された空間の事です。

「むすぶ」といいますが、「音」は「水」と「風」が結ばないと音になりません。
喉に潤いがなければ、息がでるだけで 声は出ません。  
つまり「むすぶ」ためには「潤い」が欠かせません。


         

3)最後に、そもそも「庭」とはなんでしょうか?

音の響きで読むと
・に=心 心波 意志
・わ=心波 むすぶ心 間を取る
ですので
・にわ=「心をむすぶ心」
と解く事ができます

つまり「庭」とは 終わりのない・際限のない空間のことであります。

===========================================

1)〜3)を整理できて、初めて、真剣に、真面目に「庭のある和室という部屋」について
考える氣が起こるでしょう。
タグ:
# by fuwahiroshi | 2016-02-22 00:23 | 作品
師範のお話に想ふ
今日は美剣体道の稽古。
そこでお聞かせ戴いた師範のお話。


スポーツは、相手に勝つと「おめでとう」と言われる世界。

一方、
武道とは、相手に勝っても「おめでとう」と言われない世界。
なぜなら、武道で勝つ=相手の死を意味するからである。
そういう意味で、武道の稽古は「後ろめたさ」を常に感じながらのものであるという・・・・

武道は「おめでとう」の代わりに「家族や国を守ってくれて有難う」とは言われる世界ではあると・・・。
タグ:
# by fuwahiroshi | 2016-02-15 22:34 | 想々
落成祭
先達て、完成しておりました家屋の落成祭を執り行ないました。

楽制裁の本義については、以前のブログで申し上げさせていただいております。
「落成祭の本義について」
http://fuwahirosi.exblog.jp/16838697/


お施主さんの趣味がよくでている家屋となりました。

1階部分は、多目的室として壁一面を「ミラー貼り」にしてあります。
フラダンスの教室から講演会からアロマ教室、そして英会話などのスペースとして貸し出し、地域のコミュニティ形成の一役を担っているようです。

家屋建立の際、このような「貸し出し空間」を備えておく事は、良いことと思いませんか?
もしくは、将来そのようにリフォームできるようにしておくことは、良いことと思いませんか?




落成祭_a0131025_15204235.jpg

落成祭_a0131025_15332157.jpg

ミラーが壁一面。黒板があったり、本棚があったり。
今日は講演会の模様です。








落成祭_a0131025_15211633.jpg

エントランス横には受付とソファ。







落成祭_a0131025_15214154.jpg

左官ならではの「R」の開口は柔らかく、ほっとします。







落成祭_a0131025_15215523.jpg

洗面台の下にはネコのトイレを。洗面台の中に換気扇が付いております。



落成祭_a0131025_15222017.jpg

扉にはネコの出入り口。



落成祭_a0131025_15223840.jpg

落成祭_a0131025_15382568.jpg

奥行き1間のインナーバルコニー






落成祭_a0131025_1523080.jpg

住宅密集地のため、高窓を多用し明るく。







落成祭_a0131025_15231764.jpg

落成祭の神座
# by fuwahiroshi | 2016-01-16 15:25 | 作品
庭に住もう・・・
 
本来、日本家屋の本当の良さは
「内に居ながら、外を感じること」
である。

現代人は
「家」に住むと思いがちであるが、本来「庭」に住むという感性を持ち合わせている我が民族。

一部屋でもそのような「庭に住む」という感覚を持ち合わせた部屋のある家屋に住み、
屋敷を調え、心身を調えたいものである。

ですので、今後、家屋の設計は、「庭師」とともに行いたいと考えおります。


庭に住もう・・・_a0131025_1545136.jpg


庭に住もう・・・_a0131025_15525352.jpg


庭に住もう・・・_a0131025_15542093.jpg


庭に住もう・・・_a0131025_15545672.jpg

# by fuwahiroshi | 2015-12-26 16:01 | 作品
樹への禮儀・・・:切り旬と乾燥方法など
樹齢何十年という樹が倒れるときの音をお聞きになった事はありますでしょうか?
様々な感情も産まる中々言葉では言い表すことのできない音です。
ただ言える事は、
伐採に立ち会うと「樹を良い形で使う事が大切な禮儀」と感じることです。

樹齢何十年何百年と培ってきた樹を良い木材として家屋に活かすために、
長野某所で樹の伐採をして参りました。

ところで
「良い木材」とはどういうものでしょうか?

それは
1)割れにくい、曲がりにくい、ねじれにくい
2)粘りがある
3)腐りにくい、カビが生えにくい、雑菌が湧きにくい
4)木肌の色艶が美しい
5)香りが豊か

そのために、樹を伐採する時期、樹を倒す方向、樹の乾燥の技術などの「智慧」があります。
樹々に対する「禮儀」とも言えます。
なんにおいても「時・処・位」というものがあるように、
良い木材として、樹を伐採するにも「時・処・位」があります。
国土が育てた樹々を良い木材として活用するための一端をご紹介します。

 其の一)切り旬について
   11月、12月、1月の新月の直前の数日間に伐採する。
   今回は新月の3日前に伐採しました。
   新月の直前は、水が比較的下がっているため、導管に水分および養分が少ない。
   そのため、乾燥時、木が割れにくく、カビが生えにくく、腐りにくい。

 其の二)乾燥方法について.1
   枝葉をつけたまま、春まで「葉枯らし乾燥」する。
   すると、導管内に残った水分および栄養分を葉っぱがもっていく。

 其の三)乾燥方法について.2
   製材後は、日さらし風さらしでないところで、天然乾燥する。
   製材後、強い陽や強い風に当てると表面乾燥のみが進み、割れの原因となる。
   外面も内側もゆっくり乾かしていくのがよい。

以上がすべてではありませんが、先人から伝わる智慧の一端であります。
先人が、商売のために行ってきたことではなく、樹に対する「禮儀」、樹を大切に使いたいという「心」として行ってきた事と思っております。

家屋のためにも、住む人のためにも「良い木材」は大切な要素と考えておりますので、
設計と併せて、樹の伐採からできる体制でおります。

来年早々の新月直前にも、伐採を行います。

家屋建立において樹の伐採から立ち会えることは、とても素晴らしい経験と思います。
このような試みが、さらに全国に広がっていく事を祈ります。


樹への禮儀・・・:切り旬と乾燥方法など_a0131025_1405965.jpg

樹への禮儀・・・:切り旬と乾燥方法など_a0131025_13593929.jpg

山の勾配や搬出の条件に見合ったので、「谷側」に倒した。



樹への禮儀・・・:切り旬と乾燥方法など_a0131025_1404743.jpg

年輪を数える
樹への禮儀・・・:切り旬と乾燥方法など_a0131025_1402473.jpg

トレーサビリティを確保するために「伐採場所、伐採時期、倒方向、伐採者、現認者、樹種、樹齢、長さ、太さなど」を記録する



樹への禮儀・・・:切り旬と乾燥方法など_a0131025_1401121.jpg

倒したときの「勾配」も記録する。



樹への禮儀・・・:切り旬と乾燥方法など_a0131025_1403686.jpg

夕日と山々



樹への禮儀・・・:切り旬と乾燥方法など_a0131025_1482381.jpg

朝日があたった山々
# by fuwahiroshi | 2015-12-22 14:41 | フィールドワーク