太陽と月と星と地球とともに...
by fuwahiroshi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
ご挨拶、はじめまして
アトリエ紹介
作品
素材
フィールドワーク
想々
メディア情報
家具
未分類
以前の記事
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:もみがら ( 7 ) タグの人気記事
もみがら断熱材仕込む
もみがらに左官用の消石灰を混ぜて、「もみがら断熱材」を仕込んだ。


●もみがら
a0131025_21131962.jpg

●もみがらをミキサーに入れる
a0131025_21123345.jpg

●もみがらの表面に水分を絡める
a0131025_2112626.jpg

●表面が濡れたもみがらに消石灰を絡める。これにより、ダニなどを取り除く。
a0131025_21125577.jpg

●もみがら断熱材の仕込み終了
a0131025_21135358.jpg




もみがらには、脱穀時に、僅かだがお米が付着している。
その付着しているお米に、ダニがわ、虫がつく。
それだけでなく、雑菌やカビの胞子も付着している場合がある。
そのダニや虫や雑菌やカビを一旦、取り除かなければ、再びダニや虫がわく可能性がある。


ただ、
取り除くだけならば、
石灰で行う必要はない。


では、なぜ、消石灰を使っているのか?

  湿度があがると、カビ・雑菌・ダニは繁殖する。
     しかし、石灰を使う場合、石灰が水気を帯びると、
         pH9〜12になり、カビ・雑菌・ダニ・虫が繁殖しにくい
  つまり、
    断熱材として、長期に使用する間にも、
      カビ・雑菌・ダニ・虫の繁殖を押さえるため・・・・



加えて
もみがらは、現在、産業廃棄物扱い・・・・
農家さんも捨てるのに困る場合があるそうだ。
しかし、
燃料や肥料など使い道はたくさん・・・
だから小生が問い合わせた某県の農協では、今秋のもみがらは、すでにどこかの企業に押さえられているとの事・・・



ちょっと手間がかかって大変かもしれないが、

  「桂離宮の床に、断熱材として、もみがらが15cm厚で入っている」
 
         という事実を、おのおの進化させてみない手はない・・・

断熱!断熱!という話は、面白くないのですが、
光熱費の中で、暖房にかかる割合は大きい(暖房:20〜30%)ことは間違いのないこと。

日当りが良くて風通しが良ければ、バラックでも健康な家になるが、
『必要がある』のであれば、
こんな断熱材の工夫もいかがでしょうか・・・



[PR]
by fuwahiroshi | 2011-08-08 21:32
もみがら を もらう・・・
a0131025_23213127.jpg

a0131025_2322846.jpg


本日は、お米を減農薬栽培をしている千葉県の農家さんのところへ「もみがら」をもらいにいった。

一般に、もみがらは、収穫時期の秋にしか手に入らない。

この時期にもみがらが手に入るのは、ここの農家さんでは、出荷直前に脱穀をしているため・・・
そのほうが、お米も美味しい・・・


  今回、
  そのもみがらに石灰をよく絡め、
  壁内に入れ、
  断熱材として用いる。


もみがらは京都の「桂離宮」の床に15cmほど、使われるなど
日本では昔から、断熱材として認識されていた・・・
(桂離宮では石灰を絡めていない)

小生が設計し建てた「非電化もみがらハウス」で、体感したが、
その断熱性は、たいしたもの・・・





 それにしても、
    稲穂の揺らぎがつくり出す田んぼの風景は、
           芯から体の余計な力を抜いてくれた・・・
 

a0131025_23223571.jpg

a0131025_23245613.jpg

[PR]
by fuwahiroshi | 2011-08-04 23:30 | フィールドワーク
11/22:もみがらハウス:ワークショップ#04
本日は、「非電化もみがらハウス」ワークショップ#04を行なった。

ワークショップの内容は、

1.漆喰を塗る
(漆喰は、消石灰・つのまた・しらすさ・白砂等の骨材・水をこねて、つくる)
2.お披露目会
3.講演&交流会(藤村靖之・不破博志)

でした。

左官講師には、左官職人の大森基伊氏に参加いただいた。(w/s#02.03.04共)

今回は合計で、20名の参加をいただきました。
ワークショップ#01から#04までで、累計117名となり、本当にたくさんの方のご参加をいただき、ありがとうございました。


a0131025_13395386.jpg
a0131025_1340664.jpg
a0131025_13402689.jpg
a0131025_13403891.jpg

[PR]
by fuwahiroshi | 2009-11-22 20:42 | 作品
仮組
本日、「非電化もみがらハウス」の仮組を行なった


1.素人が作っても大工が作るものほどに、頑丈。
2.床面積が10平米以内(1棟目は建築確認申請がいらない)
3.でも椅子に座った目線では、「約15平米」と広く感じる
4.もみがら石灰の混合材で断熱
5.ノンケミカル
6.ノンエレクトリカル
7.換気→湿度→温度の順に優先することで、健康の極み。


実際に仮組をしてみると、想像以上に広く、また頑丈であった。
本組みが楽しみである。

a0131025_18503033.jpg

[PR]
by fuwahiroshi | 2009-10-27 18:44 | 作品
「非電化もみがらハウス」はじまる・・・
明日より
不破博志一級建築士事務所 と 非電化工房 のパートナーシップで「非電化もみがらハウス」の製作実験を始める・・・

この小屋の意匠は現在、特許庁に意匠登録申請中のもので、

テーマは
「床面積10平米以下」
「素人が造っても、頑丈な構造」
「ノンケミカル」
「ノンエレクトリカル」

今回の製作実験は、小生だけでなく、
非電化工房に弟子入りしている4名のお弟子さん達の手をお借りして造っていく・・・・。

10月31日(土)  :もみがら入れワークショップ
11月3日(火)祝 :土壁塗りワークショップ
11月8日(日)  :土壁塗りワークショップ&お披露目会

を行ないながら進める予定。

ワークショップ参加・見学等、ご興味のある方は,
info@hidenka.net
もしくは
info@fuwahiroshi.com
まで、お問い合わせください。

a0131025_1643980.jpg

[PR]
by fuwahiroshi | 2009-10-19 16:43 | フィールドワーク
おしらせ:オープンハウス

事務所兼住まいである下の写真の建物
(http://www.fuwahiroshi.com/works/seijo/index.html)を、
オープンハウスを開催して、希望者にはお見せすることにした。

開催日は、8月30日です。

希望者は、お問い合わせください。
info@fuwahiroshi.com

a0131025_192277.jpg
a0131025_1934621.jpg
a0131025_1953078.jpg

[PR]
by fuwahiroshi | 2009-08-03 19:05 | アトリエ紹介
もみがら版築壁
 植物と水硬性石灰の混合材を始めてから、早10年・・・。

今日は、ある人に聞かれたので、なぜ、この材料を始めたかを記す。

吾々のまわりに生きている生き物の巣をみると、高気密高断熱なんてことはない。
彼らを ぐるっと 包んでいる材料をみると
彼らにとって 程よい 断熱性・蓄熱性・通気性・吸湿性 を持ち、強度が足りている。


そこで、それらに習って、吾々人間の住まいとして

 もみがら   の断熱の効果
 水硬性石灰  の蓄熱の効果
 その両方   の吸湿性の効果   
 通気性    の良い家のつくり  に着目した。

これらの天然素材を使って
通気性・吸湿性が良く、断熱と蓄熱と吸湿性のバランスの良い材料を思いつけば、結露もしない。
水硬性石灰が、カビや雑菌や材料の腐敗をふせぐ。
そうして、無駄な化学物質を使わなくて済むことが可能になるのでは・・・。

大まかに言うと、そういうことで始めたこの もみがらと水硬性石灰 の混合材。
横浜国立大学の川端研究室、クスノキ石灰、工学院大学中島研究室、ほか多数のご理解ご協力のもと 
強度を保ちつつ、断熱と蓄熱のバランスの良い材料を作り出すことができた・・・。



その後、求めていた効能よりもたくさんの良いこともあるということが分かってきた・・・。
左官職人・大工とも楽しく現場で施工をさせていただいているだけでなく、お客さんにもとても好評な美しい壁として 進化を遂げ続けている・・・。

下写真:横浜国立大学にて強度試験
a0131025_15513523.jpg
a0131025_1552314.jpg
a0131025_1553921.jpg
a0131025_15575857.jpg

[PR]
by fuwahiroshi | 2009-07-22 15:23 | 素材